返信先: LOSE:岡山 VS 清水(J2 第21節 )7/3(日) 18:00~

  • 岡山 VS 清水(J2 第21節)

    岡山MF矢島慎也はU23代表戦先発から、豊川は途中出場から中3日の日程になります。
    清水DF三浦弦太は代表戦ではベンチのみで出場機会はありませんでした。

    岡山は前節瀬戸大橋ダービーで気合の入る讃岐相手にやはり主導権はしっかり握ったもののよく守られ苦戦しましたが、セットプレーから1点を奪い、讃岐に主導権は渡さなかったもののMF馬場を中心に切れ味鋭い攻撃を受けピンチの数は多かったですがGK中林がゴールは奪わせず、1-0勝利しています。

    清水は前節アウェイで山口と対戦、序盤からFW鄭大世、石毛が前線から厳しくプレスに行き、チーム全体もそれに連動、またポゼッションしては周りの動き出しも多く、課題だったアタッキングサード以上を個人技以外で打開することが出来ており、その上で鄭大世に面白いようにボールが収まりほとんど山口に付け入る隙を与えず。
    前半はショートカウンターと相手のミスにつけ込み石毛の1ゴール1アシストの2-0で折り返し、後半はまず守備からということもあり前線からのプレスは減ったものの途中から入ったMF村田の仕掛けも良く、さらに途中から入った北川航也が持ち味の速さを遺憾なく発揮してこの二人がそれぞれゴールを奪って4-0快勝しています。

    これまで松本のサッカーが現在J2最強と見ていましたが、前節の出来であれば清水が現在J2最強の座を奪いました。
    とにかく鄭大世がついにチームにフィットしたという感じで、鄭大世が収めてくれるから石毛も活きる。何より全員が球際でサボらず、自信を持ってプレー出来ています。
    皮肉なことですが大前が大怪我してしまったことで精神面の甘さが取れ、ついにチームが完成したのかもしれません。
    そして余談ですが、清水の19歳FW北川航也が今季J2での私のお気に入りになっています。
    すでに速いしうまい(もちろんまだ荒削り)ですが、その上でまだまだ伸びしろがありそうなのがたまりません!

    閑話休題、J1昇格を目指すなら現在上位の岡山は叩かねばならない清水であり、今季の岡山はこれまでのエース押谷と精神的支柱元代表DF岩政に加え、U23代表で今のところ10番を背負うテクニシャンMF矢島慎也、エースの座を脅かす同じくU23代表候補若武者豊川、そして前線での汚れ役を一手に引き受けるFW赤嶺が加入し、横綱相撲ができるチームになっているとはいえ、選手層は決して厚くなく、今節は代表帰りで消耗している選手が2人もいます。

    もちろん岡山が勝利するシナリオとしても、例えば身長が高くない選手が多くなることもある清水ということで、高さ勝負をどんどん仕掛け、これがハマる可能性もあります(実際清水の失点割合の56%(9失点)がセットプレーからですので)が、あくまで今節最も期待値が高いのは清水でしょう。

    というわけで、この試合清水の勝利、ピナクルオッズ2.44倍で勝負です。

    【試合結果】
    岡山 2-2 清水

    ※この試合予想は私が運営するブログ”
    toto ブックメーカー かかってこい!(http://totobig.at.webry.info/)”にて転載する可能性がありますが、著作権者は同一人物なので記事の盗用には当たらず、このことについてはザ・ブックメーカーズさんに確認、許諾を得ています。

    コメント

  • >>アルファさん

    投稿有難うございます!
    いやまじでみんなの投稿のクオリティが高すぎて今まで私が翻訳してたものが何だったんだろう…って気になってきました(´゚д゚`)

    もっと早くこのアイディア思いついていればなぁぁぁ
    そしたら絶対わたし勝ってたのに!!(´・ω・`)

    J2ここまで知識があるなんてさすがっていうかむしろ感動ですw
    勉強させてもらいます、知識を共有して頂いて本当に有難うございます!

掲示板で質問する