【暮れの大一番!有馬記念2021】 レース予想・オッズ・注目馬を紹介

2021年12月25日 2021年12月27日 265

乙です、二死満塁です!

早いもので2021年も残り僅かになってきましたね。

毎年12月のこの時期、競馬ファンにとっては楽しみなレースがやってきます。

そう、有馬記念ですね!

この記事では、有馬記念特集として読者の皆様が

「ちょっと有馬記念に賭けてみようかな!」

と思っていただけるようなスペシャルな投稿をさせて頂きます!

2021年有馬記念の概要・特徴

レース名有馬記念(GⅠ)
レース詳細芝2500m
競馬場・コース中山競馬場
日程2021年12月26日(日曜日)
発走予定時刻15:25
賞金1着賞金:30000万円
2着賞金:12000万円
3着賞金:7500万円
4着賞金:4500万円
5着賞金:3000万円
※1着賞金はな、なんと3億円!
 しかも来年からはこれがなんと4億円になるんです!
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOKC18C0Q0Y1A111C2000000/

※まんるい小話①

有馬記念と同じように「春のグランプリ」と呼ばれる宝塚記念と有馬記念の2レースのみ、ファン投票が行われ

その得票数上位の馬から優先してレースに参加ができるという特徴があります!

有馬記念ファン投票上位10位】

順位馬名得票数性齢調教師名出走可否
1エフフォーリア260,742牡3鹿戸雄一
2クロノジェネシス240,165牝5斉藤崇史
3タイトルホルダー207,285牡3栗田徹
4ソダシ154,889牝3須貝尚介×
5シャフリヤール143,842牡3藤原英昭×
6レイパパレ120,214牝4高野友和×
7アカイイト119,360牝4中竹和也
8アカイトリノムスメ116,578牝3国枝栄×
9キセキ104,059牡7辻野泰之
10ユーバーレーベン85,763牝3手塚貴久×
参照:https://jra.jp/news/202112/120909.html

有馬記念の歴史

毎回恒例ではありますが、有馬記念というレースについてその歴史に触れておきたいと思います。

有馬記念が創設されたは1956年のことでした。

当時、暮れの中山競馬場では「中山大障害」という障害競走のNo.1決定戦に非常に注目が集まっていましたが、日本ダービーやその他の大きなレースに匹敵するようなレースを作ろうと、当時の日本中央競馬会理事長であった「有馬頼寧」という人物の提案により「中山グランプリ」という名前で創設されました。

第1回中山グランプリが施行されてからわずか数日、有馬頼寧は病気のため亡くなってしまいました。

この有馬頼寧の功績を称え、第2回からはレース名称を「中山グランプリ」から「有馬記念」と変更し、現在に至ります。

※まんるい小話②

中央競馬では現在、年間26レースのJ・GⅠとGⅠが開催されますが、その中で人の名前が使われているのは

初代日本中央競馬会理事長であった安田伊左衛門の功績を称えて創設された「安田記念」

この「有馬記念」の2つのみです。

※皇族も含めるのであれば、「天皇賞・春」「天皇賞・秋」「高松宮記念」も対象となります。

過去の有馬記念プレイバック

有馬記念の歴史に軽く触れたところで、ここでは過去に行われた有馬記念のうち、

筆者の印象に残っている有馬記念を3つプレイバックしたいと思います!

【第3位:2013年 優勝馬 オルフェーヴル】

「金色の暴君」と呼ばれたオルフェーヴルのラストランとなった有馬記念。

2着のウインバリアシオンに8馬身差を付ける圧勝劇で、誰しもがオルフェの引退を惜しんだそんなレースでした。

【第2位:2008年 優勝馬 ダイワスカーレット】

37年ぶりとなる牝馬による有馬記念優勝となったのがこの年の有馬記念でした。

実はこのレース、私はダイワスカーレットを大本命にしており、ダイワスカーレットからの馬連流しと予想していたのですが、2着に入ったアドマイヤモナークを相手から外してしまうという大失態を…

【第1位:2006年 優勝馬 ディープインパクト】

英雄・ディープインパクトのラストラン、ディープは翼を広げて間違いなく翔んだ。

当時私は高校生でしたが、競馬のレースを観て初めて涙を流したのがこの年の有馬記念でした。

有馬記念が行われるコースについて解説

昔話に花が咲いたところで、ここからは有馬記念の予想フェーズに入ります。

まずは恒例となりましたコース解説です。

中山競馬場の芝コースは内回りコースと外回りコースとありますが、有馬記念の舞台でもある芝2500mのコースは、

その合流地点近くのポケットからスタートするコースとなっております。

上の画像を見ても分かる通り、外回りコースのカーブ途中がスタート地点となっているため、内枠からスタートできる馬の方が圧倒的に有利なコースとなります。

また、スタートしてすぐに急な下り坂が待ち受けており、最後の直線では逆に急な上り坂となっているなど、非常にトリッキーなコースで有名です。

2021年有馬記念の出走馬と枠順を紹介

このように、有馬記念は非常に枠順の重要度が高いレースと言えますが、2014年からは年末の一大イベントということもあってか、テレビ中継による公開枠順抽選会が行われます。

今年は12月23日(木)に公開枠順抽選会が行われ、以下の通りとなりました。

これ、私の自作です。イケてるでしょ?

人気のエフフォーリア、クロノジェネシスは真ん中の枠に入りました。

今年の菊花賞を逃げ切って優勝したタイトルホルダーはまさかの大外

これがレースにどう影響するでしょうか。

各ブックメーカー社の有馬記念オッズ状況を紹介

現時点でブックメーカー各社が出している単勝オッズを紹介します。

(※2021/12/25 0:00現在)

https://race.netkeiba.com/race/shutuba.html?race_id=202106050811&rf=top_pickup
馬名bet3651xbetウィリアムヒルJRA
エフフォーリア2.001.982.202.9
クロノジェネシス2.502.4443.92.503.9
ステラヴェローチェ5.00511.004.7
タイトルホルダー15.0014.58.0010.0
ディープボンド23.002221.0018.1
アカイイト34.003426.0018.9
アリストテレス41.004141.0024.7
キセキ41.004041.0027.3
パンサラッサ41.004067.0028.5
アサマノイタズラ67.006334.0031.8
ウインキートス67.006734.0049.3
ペルシアンナイト101.00100101.0046.5
メロディーレーン151.00150101.0067.3
モズベッロ151.00149151.0072.7
シャドウディーヴァ201.0020067.0075.2
ユーキャンスマイル201.00200101.0089.0

公開枠順抽選会後、ステラヴェローチェのオッズが急落しています。

JRAの前々日前売りでステラヴェローチェが大量に売れたことで一時1番人気に支持されました。

おそらくブックメーカー側もJRAのオッズは参考にするので、こうなったのだと思いますが、JRAのオッズに

あまり影響を受けないウィリアムヒルはまだ11倍であることからも、JRAのオッズ発表に引きずられていることがわかりました。

あとは穴っぽいところで、好枠を引いたパンサラッサが穴人気していますね。

逆にこれも伏兵的な存在であるアサマノイタズラなんかは人気を落としています。

注目馬紹介

それでは注目馬を紹介していきます。

今回は5頭をピックアップします。

エフフォーリア

今年の皐月賞と天皇賞・秋を優勝した3歳牡馬の若き天才。

鞍上の横山武史騎手は今年が大ブレイクの1年となりました。

エフフォーリアはこのレースを勝てば年間GⅠ3勝となるため、年度代表馬受賞が最有力となるため、

陣営の本気度も高いと思います。

クロノジェネシス

GⅠ4勝の現役最強牝馬、クロノジェネシスもこのレースが引退レースとなります。

この馬は昨年の宝塚記念と有馬記念、今年の宝塚記念とグランプリレースを3連覇中で、この有馬記念を勝てば

史上初となるグランプリレース4連覇となります。有終の美を飾れるでしょうか。

タイトルホルダー

今年の菊花賞を見事な逃げ切りで優勝したタイトルホルダー

今回は横山武史騎手がエフフォーリアに騎乗することから、実の兄である横山和夫騎手が乗ります。

父の横山典弘騎手もシャドウディーヴァに騎乗するため、親子3人での有馬記念出走に注目です。

ステラヴェローチェ

前々日前売りで大量買いが入ったのがステラヴェローチェです。

皐月賞3着、ダービー3着、菊花賞4着とあと一歩が足りないこの馬。

有馬で逆転なるでしょうか。

アサマノイタズラ

穴馬で注目なのがアサマノイタズラです。

この馬は全2勝中、その2勝を中山コースで挙げている中山巧者です。

得意の舞台で”アリマノイタズラ”が炸裂するでしょうか。

【特別企画】ザブック競馬予想師による有馬記念大予想!

そして今回、有馬記念ということもあり特別企画を実施します!

ザ・ブックメーカーズにて競馬予想投稿をされている4名の方から有馬記念の予想をしてもらいました!

私を含めた予想師5名の有馬記念大予想を下記にて紹介させていただきます!

まずは有馬記念予想を頂いた予想師さんを紹介します!

れんさん

れんさんといえば、超高配当をザブックで的中させたことで有名ですよね!

れんさんの高オッズ的中のインパクトはあまりにも大きく、その後ザブックのルールが変わりました!

“アンカツルール”ならぬ、”れんさんルール”ですね!

港町の戦士さん

続きまして、港町の戦士さんです。

こちらの方はTwitterでは「栗毛の怪物」さんとしても活動されております。

今月のチャンピオンズカップでは見事予想的中でした!

勝ち組リア充さん

ここ最近、Twitterのお名前がちょいちょい変わる勝ち組リア充ことリアさんも参戦!

昨年の香港ヴァーズ、お見事でした!

凡田さん

野球予想師のイメージが強い凡田さんですが、実は競馬予想もされるとのことで、今回は参戦いただきました!

外れてしまいましたが、今年の帝王翔の予想投稿は驚異のオッズ182.38倍!

目玉が飛び出そうな高オッズ狙いで楽しませてくれました!

以上、4名の予想師さんをお招きして有馬記念を予想していきたいと思います。

4名の予想師さんには注目馬に印をつけて頂きました。

その印を一覧にまとめました!

こちら!

5人の予想師、全員が印を付けている馬が

クロノジェネシスとエフフォーリア

やはり2強に重たい印が並んでおりますね!

次点でディープボンドとステラヴェローチェに印が集まっております!

皆さん穴で狙いたいというのがアリストテレスとアカイイトの2頭といったところでしょうか!

それではここで、各予想師さんから予想根拠を頂戴しておりますので紹介させていただきます。

れんさんの有馬記念予想

◎クロノジェネシス

○ディープボンド

▲エフフォーリア

△ステラヴェローチェ

△アリストテレス

※5頭立てだと思っているので印は上記まででご容赦下さい。

れんさんの有馬記念予想根拠

1.タイトルホルダーはいらない。

今年の菊花賞は凡戦で、武史が上手だったの一言に付きます。

そして有馬記念ではまさかの和生への乗り替わり

若手のジョッキー批判はしたくありませんが、客観的に見て和生は重賞以上で色気のある馬に乗るとペースを鑑みない仕掛けが顕著です。

また横山家とは思えない追い方で馬への負担もかなり大きい騎乗をします。

ジョッキーのファクターが大きい有馬記念の舞台でキセキの大逃げを二番手で追走、すぐ後ろにはルメール、武史がいる中で出し抜けるはずが無いのです。

もし馬券内に入るようならホープフルステークスまで競馬引退します。(←まんるいコメント:中1日w短っw)

2.印5頭以外の馬は能力的に厳しいと判断しています。

印の順位付けですが、クロノジェネシスが◎にはあまり異論が無いかと思います。プラス体重ならなお盤石です。

エフフォーリアを若干下に取ったのは展開、距離からです。

展開は上でも記載した通りキセキが大逃げ、番手にタイトルホルダー、その後ろの集団にクロノ、エフフォーリア、ディープボンドがいると踏んでいます。

残り800辺りからのロンスパ合戦が予想され、クロノ、ディープボンドにはもってこいです。

エフフォーリアは勿論強い馬で対応する可能性はありますが、ダービーで早めから仕掛け最後に力的には一枚もニ枚も劣るシャフリヤールに負けたことからも、ロンスパ戦より一瞬のキレを活かす競馬が向いているように感じます。

そして一瞬のキレが一切いらないのが有馬記念の舞台。距離も1800、2000なベストのように感じますし、評価は少し下げたい所です。

【買い目】

馬連◎-○△ 3点

三複◎-印-印 6点

三単◎→○▲→印 6点

なんと、買い目まで頂いてしまいました。

れんさん、年末のお忙しいところありがとうございました!

港町の戦士さんの有馬記念予想

◎エフフォーリア

○ステラヴェローチェ

▲パンサラッサ

△ペルシアンナイト

△ディープボンド

×クロノジェネシス

☆アリストテレス

※お仕事多忙につき、印のみの予想となります。

※(2021/12/25 11:50追記)

怪物さんから予想根拠を頂きましたので追記させていただきます!

港町の戦士さんの有馬記念予想根拠

本命の◎はエフフォーリアから

天皇賞ではコントレイル、グランアレグリアらをねじ伏せ能力の高さを見せました。ここでも力は最上位でしょう。又当馬は操縦性が高く・ギアチェンジも良いため凡走は考えずらいです。

不安要素は距離くらいですが今年の有馬記念のメンバーレベルを見渡してもそこまで高くないです。調教からも状態は天皇賞時のレベルに近いほど 軸にはこの馬だと思います。

○には今年の菊花賞4着馬のステラヴェローチェ 厳しい展開の中大外から4着地力は高く 菊花賞組がよく絡むことを考えると大外枠に入ったタイトルホルダーよりこちらをから狙いたいです。

以下 内枠で調教抜群のパンサラッサ 鞍上強化のペルシアンナイトらに印を回したいと思います。

クロノジェネシスは臨戦態勢に不安が見られ引退レースで無理をしないことを考えると評価を下げざる得ないかなと思います。

堅いレースが予想されるため絞って、リアルベットはしたいな思います。

怪物さん、年末のお忙しいところありがとうございました!

勝ち組リア充さんの有馬記念予想

◎ディープボンド

○クロノジェネシス

▲アリストテレス

△エフフォーリア

△シャドウディーヴァ

×アカイイト

☆パンサラッサ

勝ち組リア充さんの有馬記念予想根拠

根拠としては有馬記念の直線って異様に長く感じるじゃないですか?中山の直線は短いとよく言われているのにも関わらず。

去年の自分から動いて捲り切ったクロノジェネシス、続いたサラキア。 2016年のサトノダイヤモンドも2000年のテイエムオペラオーなんかも物理的に届かないように見える位置から差し切ってるじゃないですか?

浦和競馬の向こう正面捲りじゃないですけど、あれの要領でラスト4~5Fくらいから壮絶なペースアップ持続戦からラストには急坂が待ってるのでキツイ

要はその強度に耐えなくちゃいけないので消耗戦耐えられる馬を選んだ結果の ◎ディープボンドですね

まずディープボンドが強いと思ったのが天皇賞春でその時のラップが

12.8 – 11.3 – 11.7 – 11.9 – 12.1 – 11.9 – 11.8 – 12.1 – 13.1 – 12.6 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.1 – 12.3 – 13.0

前半3F35.8秒、1000m通過59.8秒というキツイペースでディアスティマが逃げてラストまで踏ん張って時計は出るんですけどラスト6Fの持続力勝負。本当にコテコテのステイヤーのレースなんですね

その時は割とイン伸びで勝ち馬ワールドプレミアとカレンブーケドールは最内で溜めが効いてたんですけど、ディープボンドは終始外をキツイペースの先行してたのでまあ強いです

阪神大賞典も馬場が極悪だった割にはこういった緩みのないちゃんとした消耗戦なので有馬記念のタフなロンスパ戦を耐えられる

と思えばフォア賞の溜めたスローの逃げでスノーフォールよりも速い上がりを出せる自在性とキレも悪くない総合力。

パンサラッサが飛ばすと想定してコテコテのステイヤーの勝負になりそう。そして3枠5番の好枠から無理なく番手が取れる可能性が高い。 まとめるとこんな感じです

なるほど、れんさんの予想にもありましたがやはりロングスパートの消耗戦となると予想されているようです。

リアさん、年末のお忙しいところありがとうございました!

凡田さんの有馬記念予想

◎クロノジェネシス

○エフフォーリア

▲ディープボンド

△1アカイイト

△2ステラヴェローチェ

☆ペルシアンナイト

凡田さんの有馬記念予想根拠

現段階では調教などから状態が今イチな上位2頭だが今までの力関係から残りわずかたがきっちり仕上げてくるだろうと思っている。

3着1番手は距離が長くて良さそうなディープボンド

そして、3着は混戦状態ならばあえて均等買いで高め配当に期待したい。

距離が微妙だが1枠1番のペルシアンナイトが穴で個人的には面白いと思っている。

競馬はやはり単純にロスのない内枠が有利なのは忘れてはならない。

2強を中心視しながらも、3着の紐荒れを狙っているような予想ですね!

これは野球と同じくらい競馬お上手だということが予想根拠からビンビンに伝わってきました!

凡田さん、年末のお忙しいところありがとうございました!

二死満塁の有馬記念予想

それでは最後に、私の予想も書かせていただきます。

えっ?満塁の予想はいらない!?

そんなこと言わずにあと少しだけお付き合いください!

◎ステラヴェローチェ

○エフフォーリア

▲アサマノイタズラ

△クロノジェネシス

△メロディーレーン

×アカイイト

☆アリストテレス

二死満塁の有馬記念予想根拠

エフフォーリア、クロノジェネシスの一騎打ちムードであったが、最終追切のコメントから両陣営ともに本調子ではないとのコメント有り

エフフォーリアに関してはダービー後に菊花賞を回避して天皇賞・秋に向かったことから、長距離レースでは本来のパフォーマンスは発揮できないと予想する。

また、有馬記念のコースは菊花賞のコースとの親和性が高く、特にここ最近は京都競馬場改修工事の影響で菊花賞が京都外回りコースではなく、阪神内回りコースを使用したため、さらに親和性が増していると考えます。

するとまずピックアップされるのは菊花賞馬のタイトルホルダーであるが、れんさんも触れていた通り横山和生騎手に乗り替わるという点から、ちょっと買い目には入れづらいのが本音。

さらに追い打ちをかけるように23日の公開枠順抽選会でまさかの大外…

となると、菊花賞でタイトルホルダーに負けたが、次につながる好走を見せたステラヴェローチェを本命視する。

この馬はGⅠレースで3着以内に入る実力のある馬であるが、一方で勝ちきれない甘さもあります。

ただその点は豪腕・M.デムーロに乗り替わることで改善される可能性が高い思います。

次点で距離の不安は残るがエフフォーリア、そして同じく3歳馬の伏兵で中山巧者のアサマノイタズラにも注目。

さらには前走大敗を喫するも、右回り実績(特に阪神)があることから、前走左回りの府中から今回右回りの中山に変わるアリストテレスにも注目しています。

最後に

今回、新たな試みとして企画しましたザブック予想師4名を招いての有馬記念大予想

いかがでしょうか。

「果たしてあなたの夢は、エフフォーリアか。それともクロノジェネシスか。

 私の夢はステラヴェローチェであります!」

それではまた次の記事でお会いしましょう!

当サイト『ザ・ブックメーカーズ』では、競馬や、様々なスポーツ競技を中心に、ブックメーカー試合予想が開催されています。
賞金総額は毎月60万円、どなたも無料で参加可能!スポーツファンの皆さんのご参加をお待ちしています!

関連ニュース・ブログ

【トラブル解決】ブックメーカーに関するご相談は掲示板まで!

掲示板を見る

参考にしよう!現役ベッターがブックメーカー予想を毎日公開中

\SNSで最新情報&こぼれ話をお届け中!/

Tweets by thebookmakersjp

スポーツベットアイオー登録特典¥5,000円分ビットコイン【ボーナスコード不要!】



今ならもれなく!ザブックからスポーツベットアイオーに登録&5,000円入金した方全員5,000円分ビットコインプレゼント中!
登録&入金ボーナス詳細はこちら

人気No.1のブックメーカーでスポーツベットデビューしてみませんか?

情報提供