クライマックスシリーズとは?2021年の放送や仕組みについて徹底解説

2021年10月30日 2021年10月30日 375

プロ野球のペナントレースを上位3位までで終えたチームが、日本シリーズ進出を目指して戦うクライマックスシリーズ。

この記事をご覧の方は、クライマックスシリーズの仕組みや詳しい試合日程、放送予定についての詳細が気になっているのではないでしょうか。

この記事では、クライマックスシリーズの詳細について徹底解説し、2021シーズンはどのチームがクライマックスシリーズを制するのかブックメーカーの予想を踏まえて考察していきます。

クライマックスシリーズの仕組みや試合日程、無料で試合放送を楽しめる手段等が気になっている方は是非記事をご確認下さい。

クライマックスシリーズとは?

クライマックスシリーズとは、日本プロ野球(NPB)における『プレーオフ』のことです。

レギュラーシーズンを上位3位以内で終えたチームが日本シリーズ進出を賭けて戦い、パ・リーグでは2004年から、セ・リーグでは2007年から開催されています。

ここで注意すべき点は、クライマックスシリーズはあくまで、日本シリーズ進出を賭けて戦う試合であるということ。

そのため、クライマックスシリーズで勝利したチームがリーグ優勝となるのではなく、ペナントレースの優勝はあくまでシーズンを1位で終えたチームであるという点は理解しておく必要があるでしょう。

 

クライマックスシリーズでは、2位と3位のチームがファーストステージを戦い、勝者がシーズン1位と戦うファイナルステージへと進出することができます。

シーズン1位のチームは、ファイナルステージの全試合をホームで戦うことができる上に、4勝先取のシリーズで1勝分のアドバンテージが与えられているため、かなり有利と言えますよね。

2007年以前のクライマックスシリーズの仕組み

クライマックスシリーズが現在の制度になったのは、2008年からです。

2007年までのファイナルステージは先に3勝したチームが日本シリーズに進出できる仕組みとなっており、1位チームへのアドバンテージ1勝も与えられていませんでした

この制度ではシーズン1位のチームが敗れるケースが続出し、現在のソフトバンクホークスは2年連続シーズン1位だったにも関わらず、クライマックスシリーズで2年連続の敗退。

2007年には、セ・リーグでシーズン1位の巨人が2位の中日に敗れたことで、ペナントレース優勝の価値が下がることを避けるためにも、抜本的な制度見直しが行われました。

制度の見直しにより、先に4勝したチームが日本シリーズに進出することになり、1位チームへのアドバンテージ1勝が与えられたことで、クライマックスシリーズに対するファンからの批判も減少。

2008年以降で、1位チームが敗れたケースはセ・リーグ、パ・リーグ合わせて5回のみとなっており、クライマックスシリーズにおいても、ペナントレースの結果が非常に重要となっています。

過去に注目されたクライマックスシリーズの試合

クライマックスシリーズではペナントレース1位のチームが有利となっており、2位や3位のチームが日本シリーズに進出するのは簡単ではありません。

この圧倒的不利な状況から日本シリーズに進出し、優勝を飾ったのが2010年の千葉ロッテマリーンズです。

シーズンを3位で終えたロッテは、ファーストステージで西武を下し、ファイナルステージに進出。

ファイナルステージではソフトバンクに先に3勝を許すも、その後奇跡の3連勝を飾り、見事に日本シリーズ進出を決めました。

プロ野球の歴史においてシーズン3位のチームが日本一になったのは、この年のロッテのみとなっており、史上最高の下剋上として歴史に名を刻んだチームと言えますよね。

クライマックスシリーズの仕組み

ここではクライマックスシリーズのさらに詳しい仕組みについて解説していきます。

ファーストステージとファイナルステージそれぞれの仕組みに加え、延長戦の有無や引き分けた場合はどうなるのか等についても言及するため、是非内容をご確認下さい。

クライマックスシリーズの試合・ルール

クライマックスシリーズの仕組みについては、1位チームへの1勝のアドバンテージの他にもペナントレース上位チームが有利になるように作られています

クライマックスシリーズはペナントレースと同様に同点の場合は延長12回までは試合が延長されます。

延長12回を行って決着がつかなかった場合に関しては、試合は引き分けとなりますが、クライマックスシリーズのルール上、対戦成績がタイとなった場合は、ペナントレースで上位のチームが勝ち抜けとなるのです。

これを踏まえると、ペナントレース上位のチームにとっては、引き分け=勝ちと捉えることもできるのではないでしょうか。

天候等の都合でクライマックスシリーズの試合が消化できなかった場合にもペナントレース上位チームが勝ち抜けとなるという点も理解しておきましょう。

また、その他のルールとしては、8月31日時点で支配下登録されており、クライマックスシリーズ開催中も支配下登録されている選手のみが試合に出場できるというルール予告先発はセ・リーグはリーグ戦と同様で、パ・リーグは第2戦目以降の予告先発は試合終了後に行う等が挙げられます。

クライマックスシリーズのファーストステージ

クライマックスシリーズのファーストステージはシーズン2位と3位のチームが対戦します。

試合は全て2位チームの本拠地で開催され、先に2勝先勝したチームがファイナルステージに進出可能です。

試合数に関しては、最大でも3試合となるため、1勝1分1敗の場合は、2位チームが勝ち抜けとなります。

また、2試合を終えて、2位チームの1勝1分の場合は、3試合目は開催されません。

クライマックスシリーズのファイナルステージ

クライマックスシリーズのファイナルステージは先に4勝した方が日本シリーズに進出することができ、ペナントレース1位のチームにはアドバンテージとして1勝が与えられています。

そのため、ファーストステージの勝者が日本シリーズに進出するためには4勝が必要で、ペナントレース1位のチームが日本シリーズに進出するためには3勝のみが必要という点は覚えておきましょう。

ファイナルステージは最大6試合が開催され、3勝3敗1分等の場合は、ペナントレース1位のチームの勝ち抜けとなります。

クライマックスシリーズの日程

ここでは、2021年クライマックスシリーズのセ・リーグとパ・リーグそれぞれの日程を紹介します。

2021年に関しては、東京オリンピック開催による中断期間があったことから、例年と日程が大幅に変更になっているため、詳細を確認するようにしましょう。

セ・リーグのクライマックスシリーズ日程

2021年のセ・リーグのクライマックスシリーズのスケジュールは以下の通りです。

開催日程 球場 試合 組み合わせ
11/6(土) 14:00 甲子園 ファーストステージ第1戦 2位(阪神) 対 3位(読売)
11/7(日) 14:00 甲子園 ファーストステージ第2戦 2位(阪神) 対 3位(読売)
11/8(月) 18:00 甲子園 ファーストステージ第3戦 2位(阪神) 対 3位(読売)
11/9(火) 18:00 甲子園 (予備日)  
11/10(水) 18:00 神宮 ファイナルステージ第1戦 1位(ヤクルト) 対 ファーストステージ勝者
11/11(木) 18:00 神宮 ファイナルステージ第2戦 1位(ヤクルト) 対 ファーストステージ勝者
11/12(金) 18:00 神宮 ファイナルステージ第3戦 1位(ヤクルト) 対 ファーストステージ勝者
11/13(土) 18:00 神宮 ファイナルステージ第4戦 1位(ヤクルト) 対 ファーストステージ勝者
11/14(日) 18:00 神宮 ファイナルステージ第5戦 1位(ヤクルト) 対 ファーストステージ勝者
11/15(月) 18:00 神宮 ファイナルステージ第6戦 1位(ヤクルト) 対 ファーストステージ勝者
11/16(火) 18:00 神宮 (予備日)  
11/17(水) 18:00 神宮 (予備日)  

ファーストステージは11/6(土)から開催され、ファイナルステージは11/10(水)からの開催となります。

日本シリーズに関しては、11/20(金)開催となるため、スケジュールに関しては、余裕があるとは言えないでしょう。

パ・リーグのクライマックスシリーズ日程

2021年のパ・リーグのクライマックスシリーズのスケジュールは以下の通りです。

開催日程 球場 試合 組み合わせ
11/6(土) 14:00 ZOZOマリン ファーストステージ第1戦 2位(ロッテ) 対 3位(楽天)
11/7(日) 14:00 ZOZOマリン ファーストステージ第2戦 2位(ロッテ) 対 3位(楽天)
11/8(月) 18:00 ZOZOマリン ファーストステージ第3戦 2位(ロッテ) 対 3位(楽天)
11/9(火) 18:00 ZOZOマリン (予備日)  
11/10(水) 18:00 京セラD大阪 ファイナルステージ第1戦 1位(オリックス) 対 ファーストステージ勝者
11/11(木) 18:00 京セラD大阪 ファイナルステージ第2戦 1位(オリックス) 対 ファーストステージ勝者
11/12(金) 18:00 京セラD大阪 ファイナルステージ第3戦 1位(オリックス) 対 ファーストステージ勝者
11/13(土) 18:00 京セラD大阪 ファイナルステージ第4戦 1位(オリックス) 対 ファーストステージ勝者
11/14(日) 18:00 京セラD大阪 ファイナルステージ第5戦 1位(オリックス) 対 ファーストステージ勝者
11/15(月) 18:00 京セラD大阪 ファイナルステージ第6戦 1位(オリックス) 対 ファーストステージ勝者
11/16(火) 18:00 京セラD大阪 (予備日)  
11/17(水) 18:00 京セラD大阪 (予備日)  

開催スケジュールに関しては、セ・リーグと全く同じとなっており、試合開催時刻に関しても同様となる可能性が高くなっています。

日程面を考慮すると、セ・リーグとパ・リーグ両方の試合放送を同時に視聴することは不可能と言えるのではないでしょうか。

クライマックスシリーズの放送予定・視聴方法

11月6日に開幕するクライマックスシリーズに関しては、テレビ、ネット、ブックメーカーで試合放送を楽しむことが可能です。

以下は、試合日程と各メディアでの放送予定となります。

《セ・リーグ クライマックスシリーズ放送予定》

試合・日程 テレビ ネット ブックメーカー
11/6(土) 14:00
ファーストステージ第1戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス

カジ旅
BONS
(放送見込)

11/7(日) 14:00
ファーストステージ第2戦


地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/8(月) 18:00
ファーストステージ第3戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/9(火) 18:00
予備日
11/10(水) 18:00
ファイナルステージ第1戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/11(木) 18:00
ファイナルステージ第2戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/12(金) 18:00
ファイナルステージ第3戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/13(土) 18:00
ファイナルステージ第4戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/14(日) 18:00
ファイナルステージ第5戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス
カジ旅
BONS
(放送見込)
11/15(月) 18:00
ファイナルステージ第6戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス
カジ旅
BONS
(放送見込)
11/16(火) 予備日
11/17(水) 予備日

《パ・リーグ クライマックスシリーズ放送予定》

試合・日程 テレビ ネット ブックメーカー
11/6(土) 14:00
ファーストステージ第1戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス
パ・リーグTV
パ・リーグSpecial
ベースボールLIVE

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/7(日) 14:00
ファーストステージ第2戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス
パ・リーグTV
パ・リーグSpecial
ベースボールLIVE

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/8(月) 18:00
ファーストステージ第3戦

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス
パ・リーグTV
パ・リーグSpecial
ベースボールLIVE

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/9(火) 予備日
11/10(水) 18:00
ファイナルステージ第1戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス
パ・リーグTV
パ・リーグSpecial
ベースボールLIVE

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/11(木) 18:00
ファイナルステージ第2戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス
パ・リーグTV
パ・リーグSpecial
ベースボールLIVE

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/12(金) 18:00
ファイナルステージ第3戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス
パ・リーグTV
パ・リーグSpecial
ベースボールLIVE

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/13(土) 18:00
ファイナルステージ第4戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス
パ・リーグTV
パ・リーグSpecial
ベースボールLIVE

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/14(日) 18:00
ファイナルステージ第5戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス
パ・リーグTV
パ・リーグSpecial
ベースボールLIVE

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/15(月) 18:00
ファイナルステージ第6戦

地上波
ケーブルテレビ

DAZN
各ケーブルのオンデマンドサービス
パ・リーグTV
パ・リーグSpecial
ベースボールLIVE

カジ旅
BONS
(放送見込)
11/16(火) 予備日
11/17(水) 予備日

クライマックスシリーズはプロ野球が最も盛り上がる時期ということもあり、多くのメディアで放送を楽しめることが分かりますよね。

それぞれのメディアについて詳細を確認していきます。

クライマックスシリーズの視聴方法①テレビ

クライマックスシリーズの放送をテレビで視聴したいという方は、地上波とケーブルテレビのいずれかかから試合を楽しむことが可能です。

地上波であれば、千葉テレビやサンテレビといった地元のテレビ局やBS放送で試合視聴ができます。

ケーブルテレビで、試合を視聴したいという方は、チャンネル毎に放送担当をしているチームが異なるため、こちらは事前に確認するようにしましょう。

クライマックスシリーズの視聴方法②ネット

ネットでクライマックスシリーズの放送を視聴する方法は多数あります。

セ・リーグとパ・リーグの全試合を楽しみたいという方は、DAZNや各ケーブルテレビのオンデマンドサービスを利用するようにしましょう

また、パ・リーグのクライマックスシリーズのみを視聴したい方に関しては、パ・リーグTV、パ・リーグSpecial、ベースボールLIVEといったサービスも有力な選択肢になるかもしれませんね。

クライマックスシリーズの視聴方法③ブックメーカー

ブックメーカーは合法的に賭けを行えるサイトのことです。

ブックメーカーの中には登録して入金さえしてしまえば、無料でスポーツ放送を視聴できるカジ旅やBONSといったサービスもあります

実際に賭けを行わず、スポーツの試合を楽しめることもあり、未加入の方は登録だけでもしておくのがおすすめです。

BONS(ボンズ)
サイト・サポート共に日本語

入金不要ボーナス¥4000
クレカ入金OK
一部ライブ配信あり
× 引き出し条件3倍
× カード入金に為替手数料かかる
カジ旅(カジタビ)
サイト・サポート共に日本語

オッズが高い
UCL、プレミアリーグ、Jリーグ視聴可能!
入金不要ボーナス20㌦!
クレカ入金可
× 読込が遅いことがある

クライマックスシリーズの予想

ここでは、セ・リーグとパ・リーグそれぞれの2021年クライマックスシリーズの予想を行っています。

ヤクルトやロッテといったチームが順当に日本シリーズに進出するのか気になる方は是非内容をご確認下さい。

2021年セ・リーグのクライマックスシリーズ予想

2021年のセ・リーグのペナントレースは、ヤクルトと阪神の強さが目立つシーズンとなりました

ヤクルトは主軸の山田哲人と村上宗隆が圧倒的な成績でチームを引っ張り、投手陣では小川泰弘以外にも、新たなエースとして奥川恭伸が急成長。

セットアッパーの清水昇も大活躍し、若い選手がチームを勝利に導きました。

一方の阪神も序盤はルーキーの佐藤輝明が大活躍。

マルテやサンズといった外国人選手の活躍もありましたが、シーズン終盤になって、チームとしての勢いがなくなっていった印象を受けます。

3位の巨人もシーズン終盤に10連敗を喫する等勢いがなく、先発投手に安定感のあるヤクルトがクライマックスシリーズを制する可能性が高いのではないでしょうか。

セ・リーグでは2008年以降に2位以下のチームが日本シリーズに進出したことは2度しかないというデータもヤクルトには追い風となりそうです。

2021年パ・リーグのクライマックスシリーズ予想

パ・リーグでは4年連続日本一のソフトバンクが失速する等、2021年は波乱の多いシーズンとなりました。

その中で目立ったのが安定感のあるロッテと勢いに乗ったオリックスの2チームです。

ロッテは特筆した成績を残した選手はいないものの、全員がチームの勝利のために戦った印象が強く、負けづらいチームだったと言えるでしょう。

それとは対照的に山本由伸、宮城大弥、吉田正尚、杉本裕太郎といったスター選手がチームを引っ張ったオリックスはツボにはまった時の爆発的な強さが魅力のチームでした。

この2チームとともにクライマックスシリーズに出場する楽天も田中将大や岸孝之ら強力な先発投手がおり、短期決戦では圧倒的な強さを見せる可能性が高いです。

2021年のパ・リーグのクライマックスシリーズは、全チームの実力は拮抗していることもあり、予想が難しいですが、オリックスが日本シリーズに進出すると予想します。

ツボにはまった時のオリックスの勢いは残りの2チームにはないものであり、クライマックスシリーズ初戦に登板することが予想される山本由伸の出来がシリーズの結果を左右するのではないでしょうか。

ウィリアムヒルの日本限定キャンペーンについて紹介

野球や様々なスポーツに賭けて楽しめるブックメーカーのウィリアムヒルでは2021年10/4~11/29 8:59までの間、日本限定の『野球毎週キャッシュバックキャンペーン』を開催しています。

こちらのキャンペーンは、試合前やライブでベットして、予想を外した場合でも損失金額の10%分のフリーベットをもらえるというものです。

1週間毎にもらえるフリーベットの最大金額は10,000円と上限は決まっていますが、予想を外してもフリーベットがもらえるという点はユーザーにとって大きなメリットと言えますよね。

この機会に是非ウィリアムヒルや、その他のブックメーカーを通じて、クライマックスシリーズをネットでライブ観戦したり、ベットを楽しみましょう!

おすすめブックメーカーランキング

1
Sportsbet.io(スポーツベット アイオー)
サイト・サポート共に完全日本語

登録10秒→即遊べる!
本人確認不要
複数の通貨を利用できる
× 読み込みが遅いことがある
× ライブベットには不向き
2
bet365(ベットサンロクゴ)
サイト・サポート共に日本語

オッズ取扱い種類が圧倒的No1
ライブベットにおすすめ
使いやすいサイト設計
ライブ配信アリ
× 入出金方法が少ない
3
カジ旅(カジタビ)
サイト・サポート共に日本語

オッズが高い
UCL、プレミアリーグ、Jリーグ視聴可能!
入金不要ボーナス20㌦!
クレカ入金可
× 読込が遅いことがある
4
Stake.com(ステイク)
サイト・サポート共に日本語対応

アマギフ¥5,000プレゼント
メルアド、生年月日だけで登録
本人確認なし
NBA、ブンデスリーガなどライブ配信あり
× mBTC、μBTC表記なし
× 日本円なし
5
賭けリン(カケリン)
サイト・サポート共に完全日本語

当サイト限定ライブ配信視聴可
入金不要ボーナス1,000円!
入出金方法最多
× 本人確認に時間がかかる
× マイナー大会の取扱い少なめ
6
WilliamHILL(ウィリアムヒル)
サイト・サポート共に日本語

エコペイズ出金で毎週最高€15相当のキャッシュバック有!
日本向けキャンペーン多数
RIZINに賭けられる!
× 入出金方法が少ない
7
Casumo(カスモ)
サイト・サポート共に日本語

入出金方法豊富
年中無休日本語サポート
ザブック限定ボーナスあり
× 出金所要時間長め
× 読込が遅いことがある
8
betway(ベットウェイ)
サポート日本語、サイト英語

VISA・マスター入金可
カード入金→エコぺ出金可
機能性◎のサイト&アプリ
× サイト日本語非対応
× オッズ種類やや少なめ
9
gambola(ギャンボラ)
サイト・サポート共に完全日本語

常にキャッシュバック機能あり
カード入金OK
× サイト動作がおかしいことがある
10
BONS(ボンズ)
サイト・サポート共に日本語

入金不要ボーナス¥4000
クレカ入金OK
一部ライブ配信あり
× 引き出し条件3倍
× カード入金に為替手数料かかる
11
PINNACLE(ピナクル)
サイト・サポート共に日本語

高オッズ
マックスベット規制なし
× キャッシュアウトなし
× 低オッズの提供ほぼなし
× 入金額の3倍の出金条件あり

野球のブックメーカー最新予想

当サイト『ザ・ブックメーカーズ』では、プロ野球はもちろん、MLB(メジャーリーグ)や数々のスポーツ競技を中心に、ブックメーカー試合予想が繰り広げられています。
最高賞金は毎月30万円、どなたも無料で参加可能!スポーツファンの皆さんのご参加をお待ちしています!

 

 

関連ニュースを見る

ステイクカジノに登録してアマギフ¥5,000をもらおう!!

ステイクアマギフ

仮想通貨に特化したブックメーカーステイク(Stake.com)紹介はじめました。

今ならもれなく!ザブックから登録&5,000円入金した方全員5,000円分アマゾンギフト券プレゼント!



ビットコインでプレイできて、本人確認もいらない次世代ブックメーカーでスポーツベットデビューしてみませんか?
情報提供