【プリークネスステークス2021 展望予想・結果】有力馬・オッズ・過去の傾向データまで分析

2021年5月14日 2021年12月1日 1010

プリークネスステークスについて

まさかの結果に終わったケンタッキーダービーの余韻も醒めやらぬ内に、アメリカクラシック三冠は一か月間の間に行われる超過密にして過酷なローテーション。

5月15日には、第二冠目となる第146回プリークネスステークス(G1/ダート1900m)が、ピムリコ競馬場(アメリカ・メリーランド州 ボルチモア)にて開催されます。
特に癖のない、綺麗な楕円形の形をしたピムリコ競馬場ですが、実はアメリカ競馬界においては、サラトガ競馬場についで2番目に歴史の古い競馬場となります。

レース 13R プリークネスステークス【Preakness Stakes】(G1)
詳細 3歳 / 1,900mダート・左
競馬場・コース ピムリコ競馬場(アメリカ合衆国・メリーランド州)
日程・発走予定時間 日本時間 5月16日(日) 7:47
(現地時間 5月15日(土) 18:47)
賞金 総額 1,000,000米ドル
1着賞金 600,000米ドル

 

■プリークネスステークスの由来

ちなみにプリークネスステークスのレース名の由来は、競馬場オープン当初に行われた賞金1万ドルのマッチレースを制した馬名が「プリークネス」でした。
同馬はアメリカからはじめて輸出されたサラブレッドとして、イギリスで活躍。その偉業を称えて「プリークネスステークス」が設立されました。

 

■ケンタッキーダービー(アメリカクラシック三冠の一冠目)の振返り

そんな由緒正しく、歴史の深いプリークネスステークスのご紹介の前に、まずはプリークネスステークスを紐解く上でも重要な、クラシック一冠目、5月1日に開催されたケンタッキーダービー(G1/ダート2000m)について簡単に回顧していきましょう。

ケンタッキーダービーはレース前、2歳王者エッセンシャルクオリティ(Essential Quality)と、サンタアニタダービー(G1/ダート1800m)を制したロックユアワールド(Rock Your World)の『無敗馬2頭』に注目が集まっていました。

ただその一方で、19頭立て最低人気であったライクザキング(Like The King)であったとしても、単勝オッズが最終的には『51.00倍』と、出走頭数のわりにはかなり低く「混戦模様になる」という見方も非常に強かった、そんな側面も持ち合わせていました。

無敗馬対決の裏に波乱の予感もあったケンタッキーダービーでしたが、ふたを開けてみれば「6番人気、伏兵メディーナスピリットがまんまの逃げ切り勝ち」という結果に。人気を集めたエッセンシャルクオリティとロックユアワールドはそれぞれ4着、17着と、3着以内も外す結果となりました。

そして迎えたプリークネスステークス、ケンタッキーダービー時には19頭いたライバルたちも、今回は10頭と半減
クラシック二冠目の栄誉を手にするのは果たしてどの馬なのか、早速詳細をご紹介していきましょう!

 

プリークネスステークスの出走/有力馬・騎手

今回のプリークネスステークスに登録されている出走予定馬と騎手の一覧です。
有力な馬に絞って解説コメントも紹介します。

馬番 出走馬 騎手 有力馬コメント
1 ラム
(Ram)
D.ルーカス
2 キープミーインマインド
(Keepmeinmind)
D.コーエン
3 メディーナスピリット
(Medina Spirit)
J.ヴェラスケス 19頭が出走したケンタッキーダービーを見事逃げ切り
素質馬たちを撃破したレース内容は高く評価したい
4 クラウデッドトレード
(Crowded Trade)
J.カステリャーノ
5 ミッドナイトバーボン
(Midnight Bourbon)
I.オルティスJr. 経験の豊富さならば並みの3歳馬以上
ライバルが大幅に減った今回であればチャンスはあるか
6 ロンバウアー
(Rombauer)
F.プラ
7 フランスゴデイナ
(France Go De Ina)
J.ロザリオ UAE遠征からそのまま転戦し日本から唯一の参戦
海外遠征に長けた森厩舎が送り出すだけに面白い1頭
8 アンブライドルドオナー
(Unbridled Honor)
L.サエス
9 リスクテイキング
(Risk Taking)
J.オルティス
10 コンサートツアー
(Concert Tour)
M.スミス ケンタッキーダービーを回避して敢えてのプリークネス
鞍上には名手M.スミスを迎えてクラシック制覇をもくろむ

 

プリークネスステークスのレースの展望・有力馬

今年は10頭が出走予定のプリークネスステークス
出走予定の日本馬や有力馬たちをご紹介いたしましょう。

 

■積極的な海外遠征が実を結ぶか フランスゴデイナ

今回、日本から唯一の参戦となるのは、UAEダービーから海外転戦となるフランスゴデイナ
UAEダービーでは1番人気に推されるも、勝ち馬からは離された6着も、今回のアメリカ遠征に際して陣営からは「前回(UAE)が活きたのか、今回は落ち着いている」と、前走よりもより良い状態で挑めることを強調しています。

管理する森調教師は、1994年に日本馬として初の国際重賞勝利を挙げたフジヤマケンザン(香港国際カップ)や、1997年シーキングザパール(モーリスドゲスト賞)にて、日本調教馬欧州G1初制覇を達成するなど、日本競馬界における海外遠征のパイオニア的存在

「勝つ為ならばどこにでも、どんなレースにでも出走させる」が、モットーの森調教師が送り出す1頭であれば、そこに何か勝算があってのことでしょう。引き続きJ.ロザリオ騎手が手綱を取るのも心強く感じます。

また、注目したいのは血統面。父には、アンブライドルズソングの血を引いたウィルテイクチャージ。そして母のドリーミーブルースは、母父カーリンと、アメリカ産の良血と言って差し支えないだけに、異国の地でさらなる才能開花の可能性は十二分です

 

■1000ドルの奇跡 メディーナスピリット

2021年ケンタッキーダービー馬として、唯一二冠へ挑むことが出来るメディーナスピリット

ケンタッキーダービー後には、薬物検査にて禁止薬物の陽性反応が検出され、一時はケンタッキーダービーの勝利はく奪やプリークネスステークスへの出走も危ぶまれましたが、今回はダービー時の血液検査結果はまだ未確定なものの、レース前の血液検査を受けることで同厩舎のコンサートツアーともども、今レースへの出走が可能となりました。

その話題となったダービーのレース内容も、ハナを切ってそのままゴール前まで先頭をほぼ譲ることなく押し切る強い競馬。特に最終直線で2着馬のマンダルーンに迫られながらも抜かせなかった勝負根性には目を見張るものがありました。

見事勝利に導いたJ.ヴェラスケス騎手からは「4コーナーを回ってもまだいい手応えを持っていたし、最後まで抜かせなかった」と、接戦ながらに、同馬の奥の深さを感じさせるコメント。偉業達成に期待がかかります。

ちなみにこのメディーナスピリット、1歳時にウィンターセールで取引された際の価格はなんと『1000ドル』。日本円にして『約11万円』。正に「競馬に絶対はない」を体現した1頭であるといえるでしょう。

 

■幻のダービー馬? コンサートツアー

「もしもケンタッキーダービーに出走していれば、人気上位は必至だったであろう」という1頭が、コンサートツアー。3月に開催されたレベルステークス(G2/ダート1700m)をノーステッキで完勝した後に迎えたアーカンソーダービー(G1/ダート1800m)では、相手がレベルステークスにて負かした相手だったこともあり、単勝オッズ1.2倍の大本命に推されましたがまさかの3着。

この結果を受けてなのか、それとも馬体に何か問題が発生したのかは定かではありませんが、レース後に当初予定していたケンタッキーダービーを回避してプリークネスステークスへ直行することを陣営が発表。

結果的にB.バファート調教師はメディーナスピリットでケンタッキーダービーを制することとなりましたが、このコンサートツアーにも目をかけていたことは確かでしょう。
管理馬の二冠達成か、期待馬の復活か、ホースマンとしてこれほどぜいたくな悩みはありません。

 

■距離短縮で活路を見出せるか ミッドナイトバーボン

重賞5戦で1勝、2着2回、3着2回と、抜群の安定感を誇っていた同馬ですが、ケンタッキーダービーでは大きく離されての6着入線と、あまり大きな見せ場はありませんでした。
しかし、ルイジアナダービー(G2/1900m)において2着、1700m戦での重賞を勝利している点など、これまでの実績から考えれば100mとはいえ距離が短縮されることはプラスに働くことでしょう。

 

■万能タイプの持ち味を発揮 ロンバウアー

芝、ダート、オールウェザーすべてを経験し、どんなレースでもしっかりと結果を残しているロンバウアー。スピード馬場からパワーの要る馬場までこなせそうなのはプラス材料といえるでしょう。

 

■末脚が炸裂すればあわやの場面も キープミーインマインド

ケンタッキーダービーでは7着に敗れるも、前残りの展開の中、1頭後方から猛烈な脚で追い込んでいたのがキープミーインマインド。展開に左右されそうではありますが、大きな一撃を秘めているとしたら、この馬かもしれません。

 

プリークネスステークスのデータ分析・傾向

普段あまり楽しむことのない海外競馬だからこそ重要なのは確たるデータ!
勝ち馬の前走を中心に、データからプリークネスステークスを紐解いてみましょう。

直近10年のプリークネスステークス勝ち馬の前走を見てみると、10頭中延べ8頭が「前走ケンタッキーダービー」に該当します。
2020年はアメリカンオークスに出走した牝馬のスイススカイダイバーが制したことを考えれば、ケンタッキーダービーからローテーションしてくる馬が圧倒的に有利というデータが残っています。

ちなみに、8頭の内「ケンタッキーダービーを勝利した馬」は4頭と、50%の確率と期待度大。その一方で、2013年にはケンタッキーダービーにおいて12番人気6着だったオックスボウや、2011年、12番人気4着だったシャックルフォードが勝利しているように「ケンタッキーダービーにおいて人気よりも大健闘した出走馬」は、要注意かも知れません。

また面白いのが、この10年間「全頭、父馬が異なる」という点。アメリカ競馬は多くの種牡馬がおり、その入れ替えも早いのは確かですが、大種牡馬も数多く登場していることから考えると、意外なデータであるといえるでしょう。

 

プリークネスステークスのライター予想

さて、ここからは今回の記事を書いたライターによる、プリークネスステークスの予想をご紹介いたします。あくまでご参考程度にどうぞ!

実績面から考えると、やはりメディーナスピリットかコンサートツアーの両頭どちらかに期待を寄せるのが定石でしょう。とても難しい選択ではありますが、その中でも注目したいのはメディーナスピリット

ケンタッキーダービーのレースを見返すとわかるように、スピード、スタミナ、勝負根性のすべてを余すことなく見せつけてくれたその内容は、二冠を期するに十分値するものであると思わせるだけのモノでした。気にかかるのは中1週というローテーションの辛さ。ただこれを跳ね返す馬だけが二冠の栄誉を獲得できるだけに、乗り越えてほしい部分です。

対するコンサートツアーも、非凡な素質を感じさせるものの、やはり前走の負け方が気になるところ。間隔をあけて建て直せているかが焦点となります。

この2頭を除けば正直ほぼ横一直線とも言える陣容だけに、逆に言えば上記2頭が躓けば、フランスゴデイナにも十分チャンスがあるといえるでしょう。

 

プリークネスステークスの予想オッズ・ブックメーカー比較

5月16日 深夜1時半時点の単勝オッズ、人気状況は下記のようになっています。
プリークネスステークスに賭けられるブックメーカーとして、bet365ウィリアムヒルのオッズを紹介します。

※なお、今回のプリークネスステークスでは、JRAからの馬券発売はありません。
日本国内・海外競馬まで賭けられる、「ブックメーカー」を利用して賭けてみましょう!

馬番 出走馬 bet365 ウィリアムヒル
1 ラム
(Ram)
101.00 81.00
2 キープミーインマインド
(Keepmeinmind)
21.00 21.00
3 メディーナスピリット
(Medina Spirit)
2.87 2.87
4 クラウデッドトレード
(Crowded Trade)
10.00 10.00
5 ミッドナイトバーボン
(Midnight Bourbon)
6.00 5.50
6 ロンバウアー
(Rombauer)
15.00 15.00
7 フランスゴデイナ
(France Go De Ina)
26.00 23.00
8 アンブライドルドオナー
(Unbridled Honor)
29.00 26.00
9 リスクテイキング
(Risk Taking)
17.00 17.00
10 コンサートツアー
(Concert Tour)
3.00 3.00

 

ブックメーカーで競馬に賭けるメリットと方法

多くの競馬ファンの方は、JRAを通じて競馬の馬券を買われると思いますが、実は「ブックメーカー」を通じて買うメリットがあります。
その中でも、購入時点のオッズで払い戻される「固定オッズ」の仕組みと、JRAで買うよりも好条件のオッズとなる可能性があることが、大きなポイントです。

下記ページでは、ブックメーカーで競馬を楽しむメリット・デメリット、買い方の詳細を解説しています。
ブックメーカーで競馬を楽しむメリットと買い方を解説!

また、そもそも「ブックメーカーとは?」という疑問については、下記をご確認下さい。
ブックメーカーとは?海外版サッカーくじの登録方法・日本での合法性を解説!

 

おすすめブックメーカーと使い方

当サイト『ザ・ブックメーカーズ』限定で、お得な「ブックメーカー登録ボーナス」を提供中です!
・スポーツベットアイオーに新規登録&入金で現金800円 + 入金額の5%キャッシュバック
・10BET Japanに登録すると1,000円分の入金不要ボーナス
・アカウント規制・凍結の情報提供には最大10,000円
などなど、お得なボーナスキャンペーンを実施していますので、是非お見逃しなく!

ブックメーカーの入金不要ボーナス・フリーベット・キャンペーンまとめ!ザブック限定ボーナスも!

 

プリークネスステークスの中継放送:bet365で視聴可能

今回のプリークネスステークスは、一般的な放送チャンネルでは放送予定がない模様です。
ケンタッキーダービーなどは、競馬専門放送の「グリーンチャンネル」で放送されていましたが、今回は予定の掲載がありません。

一方、ブックメーカーのbet365では、ライブストリーミング配信が予定されています!
競馬や各種スポーツ、オンラインカジノまで楽しめるbet365では、最低入金額700円を入金するだけで、その後永続的に実質視聴料は無料で競馬のレースやスポーツ観戦ができます。

こちらのページでは、国内外の競馬のレースを視聴できるサイト・アプリを網羅的に紹介しています。

各種サイト・アプリの使い方、特徴を解説していますので、今回のレースはもちろん、今後の国内・海外競馬の視聴にお役立て下さい。

競馬中継をネット・スマホで見る方法(JRA・海外の競馬レース)

 

プリークネスステークス2021の結果

 

■着順表

着順 馬番 出走馬 オッズ(現地主催者発表)
1 6 ロンバウアー
(Rombauer)
12.80
2 5 ミッドナイトバーボン
(Midnight Bourbon)
4.10
3 3 メディーナスピリット
(Medina Spirit)
3.40
4 2 キープミーインマインド
(Keepmeinmind)
15.50
5 4 クラウデッドトレード
(Crowded Trade)
9.50
6 8 アンブライドルドオナー
(Unbridled Honor)
14.70
7 7 フランスゴデイナ
(France Go De Ina)
25.60
8 9 リスクテイキング
(Risk Taking)
15.30
9 10 コンサートツアー
(Concert Tour)
4.70
10 1 ラム
(Ram)
16.90

 

■レース結果の動画

 

■関連レース記事

【ベルモントステークス2021 展望予想】有力馬・オッズ・過去の傾向データまで分析

 


シノスキプロフ画像
シノスキ@事務局

ブックメーカーとの出会いは2017年。イギリスで露頭に迷っているところをウィリアムヒルに日本語コンテンツ担当として拾われる。2年後スポーツベットアイオーの職にありつきエストニアに移住。エストニアでサウナにハマって帰国し、現在はブックメーカーズの何でも屋的ポジションで奮闘中。

ブックメーカーのことでお困りですか?あなたはラッキーです。だってブックメーカーズに出会えたんだから。

関連ニュース・ブログ

【トラブル解決】ブックメーカーに関するご相談は掲示板まで!

掲示板を見る

参考にしよう!現役ベッターがブックメーカー予想を毎日公開中

\SNSで最新情報&こぼれ話をお届け中!/

Tweets by thebookmakersjp

\日本一の好条件/5,000円分のビットコインを新規登録者へプレゼント中【スポーツベットアイオー】



【スポーツベットアイオーへの登録がまだの方限定!】
当サイトから登録&入金で今だけ5,000円相当のビットコインをプレゼントします🎁
応募締め切りは5月31日まで!

スポーツベットアイオーに登録して特典が付くのは日本で当サイトだけ!
登録&お申し込み方法は以下のリンクからどうぞ👇
スポーツベットアイオー新規登録&初回入金特典
情報提供