サッカーのカードベットの基礎からノウハウまで徹底解説

2021年10月26日 2021年10月26日 159

こんにちは、goroです。最近予想投稿でサッカーの”カードベット”が非常に増えてきましたね。
私も積極的に投稿していますが、今回はそのカードベットに特化した記事を書くという、ライター記事ならではのマニアックなテーマで記事を書いていきたいと思います。
この記事を読み終えたときに、「カードベットに賭けてみよう!」、「カードベットの情報収集が楽になりそう!」といった感じで参考になれば幸いです。

初心者の方でも分かるように、カードベットって何なの?というところから深堀していきます!

①カードベットの基礎知識

まずはサッカーのカードベットとは何なの?という初歩的なところからご説明していきたいと思います。

サッカーでは試合中に悪質なファウルや暴言などで、カードが提示されることがあります。

イエローカード・レッドカードがありますが、そのカード数に対してベットするのがカードベットになります。

代表的なブックメーカーであるbet365をもとに、カードベットの項目を見ていきましょう!

bet365ではサッカーの主要な試合(欧州4大リーグや国際大会)を中心に、カードベットの項目が用意されています。

画像1をご覧いただくと、ベットの大項目の中に「Cards」という項目が表示されています。

画像1
カードベット

カードベットをやってみたい方はまず、この項目をチェックしましょう!

さて、細かなベット項目の紹介に入る前に、カードベットにおける重要な点である「カードの数え方」について覚えておきましょう。

サッカーにおいてカードはイエロー・レッドの2種類ですが、実はブックメーカーによってカードベットでのカードの数え方は異なるのです。

bet365、Pinnacleなど

例1:Aチームのある選手がイエローカードを受けて(カード数+1)、その後2枚目のイエローカードをもらいレッドカードが提示された場合(カード数+2)、
Aチームのカード数は3となります。

marathonbet、1xbetなど

例2:Aチームのある選手がイエローカードを受けて(カード数+1)、その後2枚目のイエローカードをもらいレッドカードが提示された場合(カード数0)、Aチームのカード数は1となります。

※レッドカードの有無に対するベット項目の場合は、レッドカードの枚数がそのまま反映されます。

bet365は”Cards”、Pinnacleでは”ブッキング”と表示しているのに対し、marathonbetは”Yellow Crads”、1xbetでは”イエローカード”と具体的にカードの種類を表記しているのは、
こういったカードの数え方が影響しています。

これからカードベットを考えていくうえで、カードの数え方によってベットの旨味も変わり、使用するブックメーカーも変わっていきますのでぜひ覚えておいてください。

②カードベットのベット項目

ここからはカードベットで具体的にどのようなベット項目があるかをご紹介していきます。

カードベットと一言でいってもいろんな賭け方がありますので、メジャーなものからニッチなものまでいくつかご紹介していきます。

まずは、bet365で見ていきましょう。

bet365

①提示されるカードの枚数

画像2

これは一番シンプルな賭け方で、その試合内でのカードの合計数に対するベットです。

例えば、Over 3.5にベットした場合

となります。

(前述したようにbet365ではレッドカード1枚=カード数2となるためです)

両チーム合計での枚数ですので、荒れそうな試合があればこういったベット項目がいいかもしれませんね!

②イエローカードを提示されるプレーヤー

画像3

これは特定の選手にカードが出るかというベット項目です。

選手名が表示されてますので、「毎試合カードを受けている選手」であったり、「A選手とB選手は過去に因縁があって…」なんていうジンクスがあると、狙いたくなる項目ですね。

特定の選手を狙うベットですのでオッズは高めです。

ただ、これまでとは違ったサッカーの見方が出来る項目でもあると思います。

③カードハンディキャップ

画像4

これは対戦する2チームに対し、カード数のハンデを加えてどちらのカードが多くなるか、もしくは同数になるかを予想します。

画像の例でいえばハンデは「0(ハンデ無し)」なので・・・

もしハンデが「アーセナル+1 @1.57」・「同点 リーズ-1 @4.00」・「リーズ- 1@4.33」の場合・・・

④アジアン・トータル・カード数 & アジアンハンディキャップ・カード数

画像5

アジアンが付く項目は、返金のライン設定がある項目となります。

画像5の「アジアン・トータル・カード数」は、試合全体でのカードの枚数を予想するシンプルな項目ですが、アジアンのラインがありますので

例えば、カードライン【3枚】の場合

ハンディキャップについても返金のライン設定がある場合があり、画像5のようにアジアンハンディキャップ・カード数と言います。

例えば、画像5の例のアーセナルとリーズに±0.0のハンデがあった場合、

このようにアジアンのラインは返金のラインも含まれており、オッズ的にはやや下がりますが、リスクをコントロールしたベットなどもしやすくなります。

⑤最初にカードを提示される時間帯

画像6

これは「特定の時間以前にカードが出るか出ないか」というベット項目となります。

画像6を例にすると、

序盤からヒートアップしそうな試合や、逆に接触の少ない慎重な試合運びになりそうな試合などで検討したい項目ですね。

⑥各チームの提示されるカードの枚数

画像7

これは比較的シンプルな項目で、チームごとのカード数のオーバー/アンダーを予想するベット項目です。

画像7を例にすると

いわゆるカードコレクターの選手がいるチームを狙う際や、まったくカードを受けないチームを狙う際に役立つベット項目となります。

③カードベットが捗るお役立ちサイト

「勝敗や得点数などのデータはいろいろなサイトで見れるけど、カードベットについてはどんなサイトを使えばいいの?」という質問をいただくことがあります。

今回は私がカードベットを考える際に利用しているサイトをご紹介したいと思います!

お役立ちサイト[チーム分析編]

【FBref】

FBref

海外サッカーのデータを調べようと検索をした際に、ご覧になったことがある方も多いと思います。

FBrefは主要リーグの細かなスタッツをまとめてあるサイトで、慣れれば簡単に欲しいデータや傾向を見ることが出来ます。

例えば

こんな疑問を解決してくれます!

イングランドプレミアリーグを例にデータを見てみましょう!

画像8
カードベット

FBrefのトップページで「2021-2022 Premier League Table, Stats & Results」を開き、スクロールすると
「Squad Miscellaneous Stats」という表が出てきます。(見つからない方はページ内検索の機能を使用して下さい)

直訳すると「その他の統計」となりますが、ここにカードやファウルなどの統計データが記載されています。

表の「CardY」はイエローカードを示していますので、これをクリックするとカードの枚数順にソート可能です。

さらに、右上の「Toggle Per90 Stats」をクリックすると1試合当たりの平均カード枚数の表示に切り替わります。

ここでチームごとのカード数の目安を確認可能です。

例えば、画像8のデータでみると、

こういったことがすぐに分かるようになります。

仮にブライトンとリバプールが対戦すれば、データ上は1枚+α程度のカード数の差が出そうです。

ブライトンのアジアンハンディキャップ・カード数が-1.0であれば、ブライトンの方がカードが多くなりそうなので、ベットする価値がありそうだという判断材料になります。

もちろんこれだけでカード数のすべての予測ができるわけではありませんが、簡単に指標が分かり、データから自分の想像とは違う新たな発見があるかもしれませんね。

ちなみにFBrefでは

こういったデータも確認可能です。

画像8の中の「Opponent Stats」も見ていただくと、そのチームが相手に与えたスタッツも見ることが出来ます。

つまり、「相手に平均何枚程度のカードを与えているか」、「相手を何回程度オフサイドに陥れているか」なども確認可能です。

また、「View Player Stats」のリンクに飛べば、選手の警告数のデータなどもチェック出来ます。

クリックだけで、様々なスタッツを見ることができ、ソートも可能ですのでぜひ活用してみてください!

お役立ちサイト[レフリー分析編]

カードベットの一番良いところって何だと思いますか?

私の考える一番のメリットは「チームではなく、”レフリー”に依存する可能性があること」だと思っています。

カードベットはレフリーの癖や特徴が出ることがあり、それを事前にわかっていると非常にベットしやすくなります。

そのためにもレフリーの情報をしっかりと掴んでおくのがお勧めです!

【WhoScored】

WhoScored

海外サッカーのニュースでもスタッツサイトとして紹介されるWhoScoredですが、選手・チームのスタッツだけでなく、レフリーのスタッツも見ることが出来てしまうんです。

今回は特徴的なレフリーのいるセリエAを題材に、レフリーの統計データの確認方法について紹介したいと思います!

WhoScoredのトップページからSerie Aを選択すると以下の画面が表示されます。

画像9
カードベット

その中から「Referee Statistics」を選択してください。

すると、セリエAのレフリーの統計データが表示されます。

画像10
カードベット

カードの情報を確認するには「Yel pg」(Yellow cards per game=1試合あたりの平均イエローカード数)をクリックして、ソートすると便利だと思います。

まだ序盤戦ですので今シーズンのレフリーの担当試合数は多くありませんが、トップにいるDaniele Orsato(ダニエル・オルサート)主審は4試合で平均カード数8枚!

さすがに多いと言わざるを得ませんね。こういった方が担当する試合は当然カードベットのOver系の項目を狙っていきます。

なお、このReferee Statisticsのページでは、イエローカードの平均以外にも

こういった情報を確認することが可能です。

カードベットとレフリーの情報は切っても切れない関係にありますので、ぜひチェックしてみてください。

[おまけ:カードベットを考える上での手順・役立つサイト]

基本的な統計データはここまで紹介した2つのサイト(FBref/WhoScored)で確認できますので、試合やレフリーの精査自体は概ね賄えると思います。

ただ、「今日はカードに賭けてみよう!」と思うキッカケ作りに役立つサイトも紹介しておきたいと思います。

カードベットを考える手順は主に以下の2パターンあると思います。

  1. カードの多い(少ない)チームを見つけて、そのチームの試合の担当レフリーを調べるパターン
  2. カードの多い(少ない)レフリーを見つけて、そのレフリーの担当試合のチームを調べるパターン

①については各国リーグの公式サイト等で、試合情報から担当レフリーを調べるのが確実ですが、正直なところ様々なリーグのサイトを管理して、調べるのは大変だと思います。

そんなときはFlashScoreを使ってください。

FlashScore

FlashScore

サッカーベッターならすでに多くの方がご覧になっているサイトですが、担当レフリーを調べるのにも役立ちます

気になるチームの試合のページを開くと、以下のようなページが表示されます。

画像11
カードベット

このページの「Match Information」の左下とのころに、担当レフリーが表示されています。

※プレミアリーグ・セリエAなどは試合の1日前くらいには担当レフリー情報は出ています。ブンデスリーガについては試合数時間前など遅めです。

ここから担当レフリーの名前を確認し、WhoScoredでそのレフリーの統計を調べるとスムーズにその試合のカードベットの情報を掴めると思います。

②のパターンについては、気になるレフリーの担当試合を調べる必要があります。

その際に役立つのがSoccerwayです。

Soccerway

Soccerway

このサイトについてもサッカーベッターでご覧になったことのある方は多いと思います。

WhoScoredで気になるレフリーがいたら以下のように検索をしてみます。

※プレミアリーグのレフリーPaul Tierney(ポール・ティアニー)の場合
画像12
カードベット

画像12のように「レフリーの名前+Soccerway」で検索すれば、検索結果のトップにSocerwayのレフリーに関するページが表示されます。

これを開いてみると

画像13
カードベット

このようにレフリーのスケジュールが表示されます。

Soccerwayでは、次の担当試合が決まっているとその情報も掲載してくれるのがポイントです。

画像13の例でいえば、ティアニーは10月24日22時キックオフのウェストハムvsトッテナムの試合を担当予定であることが分かります。

この方法で「気になるレフリーの担当試合を調べる」ということが可能です。

「Fourth official」と記載のある場合、第四審判としての参加なので注意が必要です。

ちなみに、SoccerwayはWhoScoredほどの細かな統計情報はありませんが、下記2点のメリットがあります。

特に「大会ごとに確認できる」ところは非常にメリットです。

この4分類で過去の担当試合を簡単に遡ることが可能です。

特に国内と国外ではレフェリングに差が出ることがありますので、そういった点をWhoScoredの情報と一緒に確認すると、より面白い発見があるかもしれません。

③カードベットのノウハウ

「ブックメーカーに必勝法は存在しない!」ということはよく言われます。

カードベットにおいてももちろん同様で、必ず勝てるような手法のようなものはありません。

ただ、「データをこのように見たら勝ち方が分かってきた!」・「ライブでこういう点に気をつけてみたら勝てるようになった!」というのはあると思います。

そういった点についても、[事前ベット]・[ライブベット]のそれぞれの視点で私なりのノウハウをご紹介していきます!

なお、私としてはカードベットはハンディキャップよりもTotalTotal UnderよりもTotal Overの方が勝ちやすいと思っています。

以下の考え方も、主にはTotal Overを狙ったノウハウだとお考え下さい。

[事前ベット編]

事前ベットの準備段階で最低限抑えておきたいところは①〜③で、④〜⑥はできれば調べておきたい内容です。

  1. 両チームの平均カード数
  2. 担当レフリーの平均カード数(対象とするリーグ・大会での数字を見ます)
  3. 両チームの平均被カード数(相手にどれだけカードを付与させているか)
  4. 両チーム内の主力にカードコレクターのような選手はいるか
  5. 両チームのファウル数・被ファウル数
  6. 担当レフリーの平均ファウル数

このあたりの項目が挙げられます。

1~6の項目を調べたうえで、Total/Underやハンディキャップのラインにデータとの明らかなギャップがあればベットの有力候補として判断していいと思います。

あとは互いの順位などから優勝(or降格)争いが絡んでいるか、日程的にキツそうかなど、試合の重要度を加味して選手のメンタル的にプレッシャーの強そうな試合はベットしてみると良いですね!

個人的にノウハウとしてもう1歩踏み込んで見て頂きたい点としては、レフリーの分析です。

例えば、上記の抑えておく項目の中で

「2.担当レフリーの平均カード数/6.担当レフリーの平均ファウル数」

この2点の比較をしておくと、面白いレフリーがいることに気づくことがあります。

どういうことかというと、「ファウル数は少ないのにカード数が多いレフリーがいる」ことがあります。

本来カードというのは悪質なファウルに対して、提示されるものになります。

しかし、ファウル数が少ないのにカードが多いとなると、

こういうレフリーがいることがわかります。

特に後者はカードの連鎖を引き起こすため狙い目です。

具体的な例としての代表格は、イタリアセリエAのFabio Maresca(ファビオ・マレスカ)でしょう。

画像14
カードベット

画像14は2020-2021シーズンのセリエAのデータとなります。

マレスカは1試合平均のファウル数でソートすると全体で30位(45人中)となっており、一見するとそんなに荒れそうなレフリーに見えません。

しかし、1試合平均のイエローカード数では平均6.0枚で1位になるのです。

当然ですが、少ないファウル数でもカードが多いレフリーは、ファウル数が増えればさらにカード数も増える可能性の高いレフリーです。

こういったレフリーの担当試合は見逃さず、チェックしておくのがお勧めです。

[ライブベット編]

ライブでは主に“レフリーの笛の吹き方”を注視するのがお勧めです。

具体的には以下のレフリーの行動を見ておくとカードを狙いやすくなります。

これらを見ておくと、カードが増えそうなレフリーかどうか判断ができ、カードベットも狙いやすくなると思います。

⑤カードベットにおすすめのブックメーカー

最後にカードベットをする上で、お勧めのブックメーカーを2つ紹介します。

1.bet365

1つは王道のbet365です。

このようなメリットがあり、bet365は外せません。

bet365(ベットサンロクゴ)
サイト・サポート共に日本語

オッズ取扱い種類が圧倒的No1
ライブベットにおすすめ
使いやすいサイト設計
ライブ配信アリ
× 入出金方法が少ない

2.marathonbet

もう1つはmarathonbetです。

なお、1点注意点はmarathonbetはベット規制が早いブックメーカーとして知られています。

実際に私も規制に遭いましたが、カードベットばかり狙っているとブックメーカー側に目を付けられますので注意しましょう。

MARATHON BET(マラソンベット)
サイト・サポート共に英語

出金が早い
ベット、スポーツ種類豊富
アプリが使いやすい
× クレカ入金に使えるカードが少ない
× 規制にかかるのが早く日本人担当がおらず仲介が難しい

⑥おわりに

ここまで読んで頂きありがとうございます!

今回はカードベットに関するお話が中心でしたが、紹介したサイトを使っていけばファウル数やタックル数などのさらにニッチなベット項目についても精査していくことが可能です。

また、精査していく中で「こういうことが起きるんじゃないか?」という自分なりの仮説も生まれてくると思いますので、サッカーやブックメーカーの研究に役立てて頂ければなぁと思います。

カードベットはややニッチな項目ですが、選手やチーム以外に、レフリーに関する新たな側面を知ることが出来ます

これまでとは違うサッカー観戦の楽しみ方をもたらしてくれるベット項目でもありますので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

それではみなさん楽しいブックメーカーライフを!

この記事を書いた人

goroさん

餃子が大好物のブックメーカー好きサラリーマン。最近はmarathonbetやbet365、22betなどを使用。海外サッカー中心に胡散臭くない事前・ライブ予想をツイートしてます!ioのマルチベットマスター優勝経験有り。サッカーやeSoccerに関するnoteも書いたりしてます。ザ・ブックメーカーズにも投稿中!!

【特典いっぱい!】当サイトおすすめ優良ブックメーカーに今すぐ登録👆

1
Sportsbet.io(スポーツベット アイオー)
サイト・サポート共に完全日本語

登録10秒→即遊べる!
本人確認不要
複数の通貨を利用できる
× 読み込みが遅いことがある
× ライブベットには不向き
2
bet365(ベットサンロクゴ)
サイト・サポート共に日本語

オッズ取扱い種類が圧倒的No1
ライブベットにおすすめ
使いやすいサイト設計
ライブ配信アリ
× 入出金方法が少ない
3
カジ旅(カジタビ)
サイト・サポート共に日本語

オッズが高い
UCL、プレミアリーグ、Jリーグ視聴可能!
入金不要ボーナス20㌦!
クレカ入金可
× 読込が遅いことがある
4
Stake.com(ステイク)
サイト・サポート共に日本語対応

アマギフ¥5,000プレゼント
メルアド、生年月日だけで登録
本人確認なし
NBA、ブンデスリーガなどライブ配信あり
× mBTC、μBTC表記なし
× 日本円なし
5
賭けリン(カケリン)
サイト・サポート共に完全日本語

当サイト限定ライブ配信視聴可
入金不要ボーナス1,000円!
入出金方法最多
× 本人確認に時間がかかる
× マイナー大会の取扱い少なめ
6
WilliamHILL(ウィリアムヒル)
サイト・サポート共に日本語

エコペイズ出金で毎週最高€15相当のキャッシュバック有!
日本向けキャンペーン多数
RIZINに賭けられる!
× 入出金方法が少ない
7
Casumo(カスモ)
サイト・サポート共に日本語

入出金方法豊富
年中無休日本語サポート
ザブック限定ボーナスあり
× 出金所要時間長め
× 読込が遅いことがある
8
betway(ベットウェイ)
サポート日本語、サイト英語

VISA・マスター入金可
カード入金→エコぺ出金可
機能性◎のサイト&アプリ
× サイト日本語非対応
× オッズ種類やや少なめ
9
gambola(ギャンボラ)
サイト・サポート共に完全日本語

常にキャッシュバック機能あり
カード入金OK
× サイト動作がおかしいことがある
10
BONS(ボンズ)
サイト・サポート共に日本語

入金不要ボーナス¥4000
クレカ入金OK
一部ライブ配信あり
× 引き出し条件3倍
× カード入金に為替手数料かかる
11
PINNACLE(ピナクル)
サイト・サポート共に日本語

高オッズ
マックスベット規制なし
× キャッシュアウトなし
× 低オッズの提供ほぼなし
× 入金額の3倍の出金条件あり

関連ニュースを見る

ステイクカジノに登録してアマギフ¥5,000をもらおう!!

ステイクアマギフ

仮想通貨に特化したブックメーカーステイク(Stake.com)紹介はじめました。

今ならもれなく!ザブックから登録&5,000円入金した方全員5,000円分アマゾンギフト券プレゼント!



ビットコインでプレイできて、本人確認もいらない次世代ブックメーカーでスポーツベットデビューしてみませんか?
情報提供