スポーツベットアイオーのアカウント規制・凍結について解説

スポーツベットアイオーに限った話ではないですが、
勝ち過ぎていたり、キャンペーンだけ利用していたりするとアカウントが規制される場合があります。

スポーツベットアイオーで適用される可能性のある規制やアカウント凍結の原因、対処法、また実際に当サイトに寄せられたご相談など、規制に関して解説していきます。

マックスベット規制

一回のベットで賭けられる最高額(マックスベット)が制限される規制です。

全てのベットに適用される場合と、一部スポーツ、またはオッズに適用される場合があります。

マックスベット規制になる原因

マックスベット規制になる原因は以下のようなものが考えられます。

  1. 勝ち過ぎている
  2. 低オッズにばかり賭けて勝ち続ける
  3. 特定のスポーツ、大会、オッズにばかり賭けて勝ち続ける
  4. 残高の端数を賭け続ける

①勝ち過ぎている

あまりにも勝ち過ぎるとマックスベット規制の対象になります。

どのくらいの額を勝っているかにもよりますが、数百円単位でしか賭けられなくなることもあります。

これはなかなか防ぐのが難しいですが、
ひとつの方法としては複数のブックメーカーで分散してプレイすることで勝利も分散され、スポーツベットアイオーだけでプレイを続けるよりも規制されにくくなると思います。

おすすめブックメーカー

当サイトでは日本から利用でき、信頼のおけるブックメーカーを厳選してご紹介しています。
万が一のトラブルが起きても解決のお手伝いをさせていただきますので、ぜひ当サイトからご登録ください。

②低オッズにばかり賭けて勝ち続ける

負けるリスクの低い低オッズにばかり賭けて利益をあげていると規制の対象になります。

低オッズにばかり賭けていなければこれが原因で規制されることはありません。

どのくらいが低オッズなのかというのは線引きが難しいですが、1.10未満は明らかに低オッズと言って差し支えないです。

ひとつの指標になるかなと思うのは、フリーベットなどの利用条件で記載されている最低オッズの値です。
大体1.70、1.80くらいに設定されており、それくらいであれば低オッズではないんじゃないでしょうか。

③特定のスポーツ、大会、オッズにばかり賭けて勝ち続ける

例えば、特定のリーグやトーナメント、大会に精通した人であれば、
短期間で集中的に賭けて大きな利益を得る
ということも不可能ではないと思います。

しかし、決まったスポーツ、大会、オッズにずっと賭けて利益を出し続けると規制の対象になります。

なるべく色々なスポーツや大会に賭けて、たまには賭けたことのないオッズにチャレンジしてみるのも見識が広がっていいかもしれませんね。

④残高の端数を賭け続ける

一見なぜこれが規制の対象になるのか疑問に思う方もいるかもしれません。

これは「アービトラージ」を疑われるためです。
アービトラージを行っているという証拠がある場合、規制ではなくアカウントの凍結になる可能性もあるので、スポーツベットアイオーではやめましょう。

アービトラージとは?

主に金融取引に使われる手法で、確実に利益をあげられる取引手法です。ブックメーカーの場合、複数のブックメーカーによって発生するオッズのずれを利用し、そのオッズに必ず負けない金額で賭けることを指します。

キャッシュアウト規制

ベットの結果が確定する前にベットをキャンセルできるキャッシュアウトも規制の対象になる可能性があります。

キャッシュアウト規制が適用されるとキャッシュアウトが利用できなくなります。

キャッシュアウト規制になる原因

この規制が適用される原因は主にひとつで、
キャッシュアウトを多用して利益を上げ続けることです。

ベットが確定する前にキャッシュアウトをして利益確定できるのは非常に便利なのですが、使い過ぎには注意したいところです。

メモ

アイオーのキャッシュアウト機能は読み込みが遅く、あまり性能が良くないのでそもそも利用頻度は多くないかもしれません。

キャンペーン規制

スポーツベットアイオーはユニークなキャンペーンが豊富ですが、この規制の対象になるとキャンペーンが利用できなくなってしまいます。

キャンペーン規制になる原因

キャンペーンを悪用、乱用していると判断されてしまうとこの規制の対象となります。

例えば、普段はプレイや入金をほとんどせず、キャンペーンのお知らせを受け取った時だけログインしてフリーベットやボーナスを受け取っているとこの規制がかかる場合があります。

出金規制

出金規制は文字通りアカウント内の資金が出金できなくなることです。

この規制が適用される際、同時にアカウント自体が凍結されることがあります。

出金規制の原因

  1. 求められている本人確認が完了していない
  2. 利用規約に違反する

①求められている本人確認が完了していない

仮想通貨で少額のプレイであれば、出金の際にも本人確認の必要はありません。

しかし高額な出金や、日本円などの法定通貨で出金する場合には本人確認を完了している必要があります。

②利用規約に違反する

利用規約に違反したら出金させてもらえないこともあります。

また、その際には十中八九アカウントも凍結となります。

マネーロンダリング、詐欺などの不正行為の場合にはアカウント凍結された上で出金もできません。
実際には不正を行なっていなくても、それと疑われるようなことをすると凍結・規制される場合もあります。

アカウントの凍結

規制で一番厳しいのはアカウント自体が凍結されることです。

主に利用規約に抵触した場合にアカウントが凍結されます。

アカウントが凍結されてしまう原因

  1. 複数アカウントの所持・利用
  2. ひとつのアカウントを複数人で利用している
  3. 詐欺・マネーロンダリングなどの不正
  4. その他利用規約違反

これだけではありませんが、利用規約に記載されている違反を行なったり、スポーツベットアイオーに不利益になるような行為を行う、または行なっていると判断されると凍結されてしまいます。

①複数アカウントの所持・利用

スポーツベットアイオーに限らずブックメーカーにおいて複数アカウントの所持は禁止されています。

例えば、お友達に登録を進めるときなど、試しにお友達のデバイスでログインしたりすると、
後でそのお友達が自分のアカウントを作った時にひとつのデバイスで2つのアカウントにログインしたことになります。

実際にプレイしなかったとしても、操作している人が違うかどうかはブックメーカー側にはわかりません。

デバイスやログインなどの残った記録のみで判断されるので、意図的ではないとしても怪しまれるような動きはやめましょう。

また、スポーツベットアイオーはアカウント開設が簡単で、メールアドレスと生年月日のみでアカウントが作成できるので、中には複数のアカウントを作成してしまう人もいるようです。

ポイント

ブックメーカーはユーザーの記録や動きをしっかりと管理しています。
デバイス、IPアドレス、ログイン・ベット・入出金履歴、名前・住所など
規制の際には接続環境から個人情報まで多岐にわたって調査されます。「少しくらいバレないだろう」と思っても、こちらの思っている以上にブックメーカーは状況を把握していると考えた方がいいでしょう。

「まるで監視されているようで怖い」と思うかもしれませんが、裏を返せばユーザーの大切な資金を守るためでもあります。
ルールを守ってスポーツベットアイオーでのプレイを楽しみましょう。

②ひとつのアカウントを複数人で利用している

こちらは先ほどとは逆のパターンですね。

複数のデバイスで同時にひとつのアカウントにログインしていると、複数人でひとつのアカウントを操作していると疑われてアカウント凍結になってしまうかもしれません。
2つくらいならそんなに問題はないと思いますが、3つ以上同時にログインしていると怪しまれる可能性があります。

PCとスマホなど私もやってしまいがちですが、操作が終わったらまめにブラウザやアプリを閉じておきましょう。

③詐欺・マネーロンダリング・第三者との共謀などの不正

これは言わずもがなですが、利用規約に抵触していると同時に法にも触れているので、アカウント凍結の対象になります。
このような不正が原因で凍結されると、アカウント内の残高出金もできない可能性が高いです。

一般のユーザーでも当てはまりそうなのが第三者との共謀でしょうか。

例えば友人と相談して同じ項目にばかり賭けていたり、ブックメーカーのコミュニティで共有されるベットを大多数の人が何度も同じように繰り返したりしていると
当人に自覚がなくても「共謀している」と判断されて最悪アカウント凍結になってしまう可能性もあります。

ベットのパターンなどで簡単に見破られるので、
複数人で共謀してベットし、利益を得ようとする行為はやめておいた方がいいでしょう。

④その他利用規約違反

スポーツベットアイオーのサイト内で定められた利用規約に違反する行為はアカウント凍結の対象になります。

プレイする前には必ず利用規約に目を通しておきましょう。
「知らなかった」は通用しませんのでご注意を!

自己規制

これはスポーツベットアイオーからされる規制とは少し異なり、ユーザーが自ら設定する規制です。

ギャンブル依存症防止のため、どのブックメーカーにも備わっている機能で、
ユーザーからスポーツベットアイオーに自己規制の旨と期間を連絡すると、指定した期間内は入出金やベットができなくなります。

一度設定すると指定した期間中は絶対に解除ができませんのでご注意ください!

規制・凍結された時の対処法

一度アカウントになんらかの規制が適用されると、基本的にはその規制が解除されることはありません。

アカウントに規制がかかって使いづらくなったり、まったく使えなくなった場合には、諦めて他のブックメーカーを利用するしかないです。

おすすめブックメーカー

ザブックに寄せられたご相談

当サイトにもスポーツベットアイオーのアカウントが規制されたとのご相談をいただくことがあります。

ポイント

スポーツベットアイオーはアカウント開設が非常に簡単な分、規約違反や不正の調査は厳しく行われています。
不正をする意図がなくても、怪しい行動が見られるユーザーはアカウントを凍結されてしまう可能性があります。

とはいえ、ルールを守ってプレイしていれば凍結されることはないので、規約を読んでフェアに遊びましょう。

注意点

当サイトがお手伝いできるのは、ブックメーカーのサポートと同等になります。
ご相談いただいても規制が解除されることは基本的には難しいです。

  1. 複数アカウント所持疑惑 → セキュリティチームに連絡して凍結解除
  2. 新規アカウントが作成されたとメールが来たが身に覚えがなく凍結 → 問い合わせたら解除
  3. アカウント停止 → 第三者への出金は規約違反
  4. メール変更しようとしたら複数アカウントで凍結 → 自己排除設定をして解除不可

寄せられた凍結のご相談については、以下のページで更新しています。

スポーツベットアイオー 身に覚えの無い凍結の連絡を受けたら?

アイオーのセキュリティーチームから連絡が来たら、そのメールに返信する形でやりとりします。 アイオーは本名の登録などを行わない分、アカウ...続きを読む スポーツベットアイオー 身に覚えの無い凍結の連絡を受けたら?

複数アカウント所持疑惑 → セキュリティチームに連絡して凍結解除

本人確認を求められ、その後複数アカウント所持疑惑でアカウントが凍結されました。

しかしその後、当サイトからの担当者への問い合わせとユーザーさんからセキュリティ部門に丁寧な説明を行い、凍結は解除されたとのことです。
この相談を見る

新規アカウントが作成されたとメールが来たが身に覚えがなく凍結 → 問い合わせたら解除

こちらも複数アカウント所持疑惑が理由でアカウントが凍結されたとのご相談です。

当サイトからの担当者への問い合わせとユーザーさん側でのメールでやり取りの後、凍結が解除されたとのご報告をいただいています。
この相談を見る

アカウント停止 → 第三者への出金は規約違反

他人名義の銀行口座に出金し、ベット、出金ができなくなったとのご相談です。

いかなる理由でも第三者名義の入出金は認められていません。
この相談を見る

メール変更しようとしたら複数アカウントで凍結 → 自己排除設定をして解除不可

メールアドレス変更の際に、アカウント閉鎖の連絡を誤った部署(自己規制のメールアドレス)に送ってしまったため、新しいアカウントも作成できなくなってしまったご相談です。

ブックメーカーのギャンブル依存症に対する対策は徹底していますので、アカウントの閉鎖などの希望の際には注意が必要です。
この相談を見る

入金が出来ない → 複数アカウント疑惑でセキュリティーチームにメールしたら解除

エコペイズで入金するとエラーになるというご相談がありました。

担当者に確認したところ、複数アカウント疑惑でセキュリティーチームに連絡して欲しいとの事。

ユーザーさんがセキュリティーチームに連絡すると、書類を提出する事もなく解除されたそうです。

人気ブックメーカーランキング

Sportsbet.io人気の質問

スポーツベットアイオー登録特典¥5,000円分ビットコイン【ボーナスコード不要!】



今ならもれなく!ザブックからスポーツベットアイオーに登録&5,000円入金した方全員5,000円分ビットコインプレゼント中!
登録&入金ボーナス詳細はこちら

人気No.1のブックメーカーでスポーツベットデビューしてみませんか?

情報提供