ブックメーカーのサッカーベット・予想に役立つデータサイトまとめ

2020年9月18日 2020年10月19日 475

サッカーのデータサイトのまとめ記事

今回は、サッカーベットをする際に役立つデータサイト、怪我人情報など役立つサイトの紹介です。

具体的に各サイトをどんな風に使っていて、そのサイトの情報をもとにどんな考えを持って、どんなベットをしているかをまとめまてみました。

 

Jリーグの予想・情報サイト

スポナビ

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/

選手の出場データや日程など基本的な情報が載っているほか、スポーツのポータルサイトであるため様々なメディアのニュースやコラムを探すのに役立ちます。

大怪我以外の怪我人情報は公式に発表しないクラブも多いのですが、一部メディアでは具体名は上げずもコンデション不良者がでているなどと報じている場合もあり、情報収集に便利です。

それ以外では、Jリーグについては予想フォーメーションや見どころなども書かれています。

Jリーグ公式

https://www.jleague.jp/

公式というだけあって見どころと戦評が充実しています。

特にJ3については記載があるサイトは少ないため、J3の予想をする場合は目を通して置くことをオススメします。

他には、走行距離などのトラッキングデータも掲載されています。

 

また順位表は直近5試合の結果と勝ち数や失点数での並び替え機能が付いています。

この画像では勝ち点的に抜け出している川崎とセレッソの以外の上位チームでは名古屋が調子を落とし気味で、鹿島が追い上げを見せており、下位では鳥栖や湘南がやや調子を上げていることが伺えます。

このような上位だけど調子が悪いチームや下位だけど調子を上げているチームには、割といいオッズが付いていることがあるのでチェックしておきたい情報です。

totoONE

https://www.totoone.jp/top/

toto対象試合だけにはなりますが、購入者の割合や編集部の予想が載っています。

対戦カードの詳細情報で参考になるのは、アウェイでの戦績と過去の対戦成績など役立つ情報が豊富です。

シーズン全体ではアウェイでの勝率がいいのに、特定のチームに対してだけ移動距離の面などからか苦手にしている場合があるのでチェックしておきましょう。

 

 

更にtotoONEではライブベットに非常に役立つ、時間帯別得失点状況別勝敗というデータが掲載されています。

 

上記の画像、例えばJ2で2位の長崎は先制点を奪った場合と、前半リードで終えた場合でも順位に比べて勝率が高くありません。

対して首位の北九州は先制点あるいは前半戦リードしている場合は全勝しています。

このようにデータ上から言えば、上位の長崎が先制点を取ったからといって、ライブベットで長崎に追加点を期待するようなやり方は危険です。

一方で北九州がリードしている状況なら追加点が期待できる、少なくても追いつかれることはないというデータから、ハンデ+0(引き分け返金)のライブベットが有利だということが分かります。

 

逆に岡山はリードしても逆転される可能性が高いなどの情報を知っていれば、ライブベットで勝利できる可能性が高くなるでしょう。

totoONEグランプリ

更に一般ユーザーによるtotoONEグランプリという予想大会が行われており、複数買いできるとはいえランキング上位は的中率60%を超えており、ブックメーカーの予想の参考にできるでしょう。

怪我人・出場停止情報のサイト

totoCLUB

https://www.toto-club.net/data/data.html

怪我人・出場停止・年代別代表など試合に出られない選手を一覧表で表示されています。

さっかりん

http://soccer.phew.homeip.net/

怪我人の情報や移籍情報の他、選手個別の出場時間の明細(スタメン・途中出場・ベンチ入り累計時間)なども見れます。

同じような出場試合数・出場時間の選手でも、ベンチ入りの時間を見ればその選手がそのポジションの2番手なのか3番手以下なのかが分かるので便利です。

データサイト

football-lab

https://www.football-lab.jp/

選手の項目別ランキングやチームスタイル、採用しているフォーメーションなどの情報が豊富に載っています。

またチャンスビルディングポイント(CBP)という独自の指標で選手の採点をしています。

スポナビなどは現在のシーズンのデータがしか見られませんが、foorball-labは過去のデータも遡ってみることが出来ることも大きな特徴です。

SofaScore(海外リーグ含む)

https://www.sofascore.com/

サッカーを含むスポーツのデータサイトですが、Web版は日本語がないため、スマホアプリを利用するとよいでしょう。

ヒートマップや細かい個人のスタッツ、枠に当たった数や決定機の数などスポナビなどにはない情報まで載ってます。

 

また試合の勝敗に左右されない、単純にスタッツによる採点と選手の統計が見られます。

 

FWであればゴール数がほぼ選手の評価と言っていいと思いますが、この二つのデータサイトではそれ以外の面でどれくらいチームに貢献しているかが把握でき、その選手が出場できない場合にどれくらいチームにマイナスとなるかが分かりやすく数字で見ることが出来き、怪我人情報を予想に活かすの役立つでしょう。

WhoScored.com(海外主要リーグと国際大会のみ)

https://www.whoscored.com/

試合前に怪我人情報や予想スタメン·分析が載ったプレビューが、試合後には個人採点の他にシュート地点、パス地点、ファール地点などをChalkboardで確認できるなど、非常に詳しいスタッツが確認できます。

 

その他の予想・データサイト

Siraida(海外リーグ含む)

http://www.siraida.com/index.php

選手の出場記録が表でまとめられています。

情報自体はスポナビでもJリーグ公式サイトでも調べられるのですが、こういった表であればターンオーバーをしているかが見やすいです。

FBREF(海外リーグ含む)

https://fbref.com/en/comps/25/J1-League-Stats

英語のみですが、Jリーグの枠内シュート数・枠内シュート率、クロス数・オフサイド数などが記載されています。

他にも出場選手の起用人数や、交代枠の起用状況などが分かります。

この表は起用した選手の延べ人数順に並べています

試合数に差があるので一概には言えませんが、基本的に川崎など上位チームは出場選手の延べ人数は多くありません。結果が出ているチームですので選手をある程度固定しているということでしょう。

一方で川崎は選手交代枠73と最も多く使ってチームです。選手層の厚さからベンチにも優れて選手が多くおり5人交代という今季のレギュレーションを上手く使いこなしているチームだと言えるでしょう。

他に上位の柏は起用する選手の延べ人数が多くなっています。つまりターンオーバーを積極的に行い結果を出しているチームです。

実際に柏はターンオーバーを行っているルヴァンカップのグループステージを首位突破し、ノックアウトステージでもJリーグ上位のセレッソにアウェイで0-3と完勝しています。

このことから連戦であれば柏は他のチームより優位な立場で戦えることが伺えます。

逆に名古屋は上位にいるものの、選手は固定気味で交代枠も余らせ気味であることから、主力選手に怪我人が出れば、一気に苦しい状況になる可能性が高いことが分かります

TotalCorner

https://www.totalcorner.com/

コーナーキック数のまとめサイト。

甘いオッズが付けられていることが時々あり穴場のベット種類です。

ちなみに私はこんな感じで試合予想サイトを使っています

事前準備

totoONE 購入者の割合や編集部の予想、上位的中者の予想を見て鉄板試合を探しつつデータの確認
Jリーグ公式 順位表の直近5試合の結果から調子のいいチーム悪いチームの把握
totoCLUB 怪我人と出場停止情報の確認
FootballLAB 怪我人などが出てきた場合はその選手の今シーズンの活躍や過去の実績の確認

 

連戦の場合

更に今期はコロナの影響で水曜日に試合が組まれて連戦になる場合が多いです。その場合は選手を入れ替えているのかどうかの情報は重要です。大幅なターンオーバーをしての敗戦ならそこまで気にすることはないでしょうし、メンバーを固定しているなら勝利しても連戦では辛くなることが予想されます。

スポナビ&Jリーグ公式 試合速報に「前節からは〇人選手を入れ替え」などの情報が載っている場合が多く一人一人確認していく手間が省けます。
Siraida 直近3試合の入れ替え情報と、シーズン全体的の起用状況が確認できます。

 

その上でオッズポータルで割に合いそうなオッズかあるか確認し1×2、ハンディキャップ、ゴール数オーバーorアンダーにベットします。

更に出場停止や怪我人が優れたサイドアタッカーやセットプレーのキッカーだった場合は、TotalCornerを確認しコーナーキック数予想、点取り屋や守備の要に怪我人・出場停止が出ている場合はゴール数予想にベットすることも検討します。

 

まとめ

ここまで私なりデータサイトとその活用法や分析などをまとめてみましたが、これらのデータから私とは違った分析をされる方も大勢いらっしゃるでしょうし、データが当てにならないことが多くあるのこともサッカーの魅力の一つと思います。

ただ、予想をする上で情報が多いことで損をするということはないでしょう。

 

ぜひこれらのサイトをブックメーカーの試合予想に役立てて下さい。

この記事を書いた人

らりるれろさん@rarirurero_BM


元々Jリーグが好きでtotoをやっていたのですが、ある日totoから5000円分のQUOカードが送られてきたことから、めちゃくちゃ負けている「お得意様」であることに気づきブックメーカーに手を出す。

予想はblogabetで公開しています。とりあえずプラスにするのが目標
https://my-jpn-bet.blogabet.com/

最新のサッカー予想はこちらブックメーカー試合予想

人気ブックメーカーランキング

1
Sportsbet.io(スポーツベット アイオー)
サイト・サポート共に完全日本語

初心者向け!
登録10秒→即遊べる!
本人確認不要
複数の通貨を利用できる
× ライブベットでの不具合が起こりやすい
2
bet365(ベットサンロクゴ)
サイト・サポート共に日本語非対応

取扱い種類、オッズ幅が圧倒的No1
使いやすいサイト設計
LIVE配信No1(5大テニス大会・ブンデス・セリエA等)
× 日本語非対応
3
10BET JAPAN(テンベット ジャパン)
サイト・サポート共に完全日本語

入金不要ボーナス10㌦!
入出金方法最多
VISA/JCB/Masterカードが使える!
× 本人確認に時間がかかる
× マイナー大会の取扱い少なめ
4
betway(ベットウェイ)
サイト・サポート共に日本語非対応

VISA・マスター入金可
機能性◎のサイト&アプリ
× 日本語非対応
× オッズ種類やや少なめ
5
CASINO-X(カジノエックス)
サイト・サポート共に完全日本語

LIVE配信が豊富(Jリーグも無料)
JCB、ビットコイン対応、太っ腹ボーナス
× クレカ入金時に手数料がかかる
× 出金は入金額3倍のベット必要
× 入金アドレスと同じアドレスに出金の必要あり(BTC)
6
PINNACLE(ピナクル)
日本語メール:毎日数時間

断トツの高オッズ
マックスベット規制なし
× キャッシュアウトなし
× 低オッズの提供ほぼなし
× 入金額の3倍の出金条件あり

ザブックでは現役ベッターのホンネ記事を募集してます!

ザ・ブックメーカーズでは、より広く、たくさんの情報を皆さんと情報共有をするため、ベッティングの楽しさ、ブックメーカーの使い方を知ることができる記事を募集しています!

これだけは知っておいた方がいいぞ!?という知識をお持ちの方は是非、記事を当サイトへ寄稿をお待ちしております!

ブックメーカーの輪を広げよう!ザブックでは現役ベッターのホンネ記事を募集してます!

 

 

関連ニュースを見る

お知らせとコンテンツ

ザ・ブックメーカーズではブックメーカーのアカウント規制や凍結に関する情報を最大10,000円で買い取らせていただいています。詳しくはコチラをご覧ください!

コメントする

送信前の確認画面はありません

以下の内容を含む書込みは確認次第削除されますのでご了承ください。

  1. トピック違いの書込み
  2. 個人情報を含む書込み
  3. 誹謗中傷、掲示板利用規約違反の書き込み
» 掲示板利用規約
掲示板で質問する