i wallet(アイ ウォレット)バウチャー購入してブックに入金できる!

2020年2月18日 2020年3月19日 180

入出金方法として、オンラインカジノ界隈では以前から有名だったアイウォレット!
最近採用しているブックメーカーが増えてきているんですよね

 

目次
1. アイウォレットとは?
1.1 そもそも何なの?
1.2 入金可能なブックメーカー
1.3 利用制限
1.4 カスタマーサポート

2. 登録方法
2.1 スタンダード会員
2.2 エグゼクティブ会員

3. 銀行→アイウォレットへ入金

4. アイウォレット→10betJAPANへ入金

5. 出金

6. まとめ

1. アイウォレットとは?

1.1 そもそも何なの?

iWalletはエコペイズのようなオンライン決済サービスです。

入金は【国内銀行】→【アイウォレット】→【ブックメーカー】
出金は【ブックメーカー】→【アイウォレット】→【国内銀行へ出金】というように使えます!

本社は香港にあり、日本語のほかに、英語・中国・台湾・インドネシアに対応しているみたいですね。

1.2 入金可能なブックメーカー

入出金に対応しているブックメーカーはこちら

ちなみに入金不可だったブックメーカーはこちら

1.3 利用制限

① 申請条件

スタンダード会員へはメールや誕生日などの情報だけで簡単に登録できますが、

入金(バウチャー購入)するには
エグゼクティブ会員へアップグレードする必要があり、本人確認書類(KYC)の提出が必要となります。

①本人確認書類
パスポート、運転免許証または住基カードで有効期限の失効まで3ヶ月以上のもの。

②住所確認書類
電気、ガス、水道など公共料金の領収書、または銀行など金融機関または電話会社からの明細書など、発行より3ケ月以内のもの。
郵送物を受け取る事ができる現在お住まいの住所のみ有効。

 

② 利用可能額

日本円はもちろん、アメリカドルやEURなど12種類の通貨があり、アイウォレット口座内で両替することも可能です。

チャージ金額 (残高上限) スタンダード会員 8,000香港ドル(約11万円)
エグゼクティブ会員 上限なし
バウチャー購入額の上限(振込上限額)は、30日間/50万円まで

※バウチャー購入(銀行送金)するには、エグゼクティブ会員になる必要があります。

 

1.4 カスタマーサポート

▶▶アイウォレット お問い合わせページ

日本語対応!※原則として翌営業日までにEメールにて回答

受付時間 9:00~17:00 年中無休(12/30~1/3を除く)

 

2. 登録方法

2.1 スタンダード会員の登録方法

早速【アイウォレット公式サイト】へログインして、新規アカウントを作成していきましょう!

右上のヒトマークをタップしたら【新規口座開設】へと進みます。

 

①新規個人口座開設の画面になりました。
まずはメールアドレスを入力します。メアドがログインIDになるみたいですね!

 

②個人情報を入力します。
・名前(パスポートやクレジットカードで使うローマ字表記)
・誕生日
・パスワード
・国(Japan)
を入力したら確認ページへ進みます。

 

③入力内容を確認します。ローマ字表記の名前は間違えがちなので、しっかり確認しましょう!
間違いがなければ、チェック(✓)をつけて【口座を開設する】をタップします。

 

④認証メールが送られたようです。

 

メールを確認すると届いていました!
アイウォレットは香港に本社があるだけあって、タイトルにも中国語らしき文字がありますね。
表示されたURLをタップします。

 

 

⑤これでスタンダード会員の登録完了です!簡単!

 

2.2 エグゼクティブ会員

バウチャーを購入(アイウォレットへ入金)するためには、エグゼクティブ会員へアップグレードする必要があります!

これには本人確認書類(パスポートや免許証)と住所証明書類(公共料金領収書や住民票)の提出が必要です。

まずは住所・電話番号から登録していきましょう。

 

次に、書類をアップロードしましょう!本人確認書類&住所確認書類の合わせて2点の書類を提出する必要があります。
おすすめは、パスポートと運転免許証みたいですね!

 

1週間くらいしたら、エグゼクティブ会員登録完了のメールが届いていました!
私は旧正月近くに書類を送ってしまったので、通常より時間がかかったみたいです。

3.銀行→アイウォレットへ入金してみた

【入金申請】へ進むと、入金手段が二つあります!

どちらもバウチャー購入(銀行入金)ですが、

JAPAN送金バウチャー】は、一つのみの口座を全ユーザーで使う。
バウチャー購入】は、自分専用の振込先口座が自動的に発行されている。

との事です。百聞は一見にしかず!
【入金申請】の先はどうなるのか、2つ同時に見ていきましょう!

 

画面がほぼ同じですね、手数料も5%で一緒です。

 

申し込み内容の確認画面に来ました。振込先銀行が違いますが、ここで最も違うのは

JAPAN送金バウチャー】は、一つのみの口座全ユーザーで使う。
バウチャー購入】は、自分専用の振込先口座が自動的に発行されている。ところです。

そのため【JAPAN送金バウチャー】では、誰が振り込んだかを識別するために
口座名義欄に【振込IDと氏名】を入力する必要があります!

バウチャー購入】の方が入金方法がシンプルで、手数料も変わらないのでお勧めです!

どちらにも3,000円入金しようと思います、バウチャー購入の決済手数料5%がかかるので振込金額は3,150円でした。

 

JAPAN送金バウチャー】へ入金する場合はこんな感じで、表示されている振込IDと、振込人名を入力します。

 

バウチャー購入する際には、以下の点に気を付けてください。
・口座番号は絶対に間違えないこと!※間違えて入力すると口座に反映されません
・振込明細は問い合わせ時に必要となるので、アイウォレットに金額が反映されるまで保管しておくこと!

 

銀行振込なので、土日や平日15時以降に振り込むと、翌営業日扱いの反映になるみたいですね。

私の場合はどちらも10分以内に入金が完了していました!

それぞれ3,150円を入金したところ、手数料の5%が引かれて3,000円が入金されています。

 

4.アイウォレット→10betJAPANへ入金してみた

早速ブックメーカーに入金していきましょう!

10betの入金画面でアイウォレットを選択→金額を入力、【ご入金】をタップして進みます。

 

するとアイウォレットの画面に移動したのでログインします。IDであるメールアドレスとパスワードを入力!

 

【決済入力画面】に来ました。
口座の通貨を指定すると、アイウォレット口座の現残高が表示されます。
私のアイウォレットには5,714円入ってるので、そこから1,000円を10betへ出金します。

通貨を選んだら【確認画面へ】をタップします。

 

【決済確認画面】で、出金額を確認したら【上記内容で実行】をタップすると、
すぐに資金が送金されました!

 

5.出金

アイウォレットにある勝ち金は、銀行送金で送ることができます。
手数料は送金する額の0.5%ですが、最小でも35USD(約3,800円)がかかります。

 

日本国内の様々な銀行へ出金できるみたいですね

 

ちなみに1万円出金しようとすると、手数料は最少額の3,752円(35USD)でした、これは高いですね!!
※7,000ドル(約80万円弱)以上を出金するなら送金額の0.5%が手数料です

アイウォレット口座から、出金額1万円と手数料を合わせた13,752円が引き去られます。

 

出金申請をしたらメールが届き、その翌月に私の銀行口座へ入金されました!

6.まとめ

アイウォレットには、今回解説したバウチャー購入(銀行入金)のほかに、クレジットカード&BTC入金があり、
また出金する場合は、アイウォレットのカードを発行してATMで引き出せるそうなんですが、

2020年2月時点では、これらがメンテナンス中で試すことができず、、。

出金する場合は銀行振込のみとなります。これがクレカやBTCで入金できて、ATM出金できたら本当に便利ですよね!

アイウォレットを採用している10betとカジノエックスは、他の入出金手段も豊富です。

10betはマスターカードかJCBのクレカで入金すると、キャッシュバックが入るためほぼ手数料がかからないのに、アイウォレットで5%の手数料をかけるのはもったいないですよね。

 

カジノエックスはクレカ入金の手数料が約8%かかって高いため、エコペイズ(手数料5%)で入金するのがおすすめです。
アイウォレットよりも、様々なブックメーカーに対応しているエコペイズの方が便利だなーと思いました。

 

また今後、アイウォレットからATMで出金できるカード発行が再開されたり、クレカ入金できるようになったら追記したいと思います~!

お困りですか︖

あなたの疑問にお答えする、コンテンツをご用意しています。

掲示板で質問する