MLBにおすすめのブックメーカー3選!賭け方や予想方法を徹底解説

2021年12月23日 2021年12月24日 161

日本人にとって野球は馴染みのあるスポーツですが、同じ野球であってもMLBは観る機会が少ないので馴染みが薄い方が多いと思います。

しかし、2021年シーズンの大谷翔平の大活躍によって、MLB人気が高まっているように思います。

MLBとの距離が近くなった今、ブックメーカーでMLBマーケットにベットしてみるのはいかがでしょうか?

ここでは、日本プロ野球とMLBの相違点やマーケットの違いを紹介しており、皆さんのベットの助けに少しでもなればと思っています。

bet365(ベット365)

アーリーペイアウト

bet365では5点差が付くと、最終的に逆転された場合でも勝利扱いとなるオファーがあります。

野球は時間制限がなく、最終回に大量得点で大逆転が起こる可能性のあるスポーツなので、アーリーペイアウトによる勝利の確約は大きなアドバンテージになると思います。

プレイヤープロップス

多くのブックメーカーの中でもbet365のプレーヤープロップスの豊富さは群を抜いています。

投手は奪三振数/投球回数/被安打数/自責点数野手は塁打数/得点数/盗塁数/各長打数と多くのマーケットにベットすることができます。

特に、野手同士の塁打数のマッチアップマーケットがあるのはbet365だけで、多くの賭け方を楽しめるのが魅力です。

本項目では、トラウトが塁打を2以上稼げば勝利となります。

例えば、シングルヒットを2本打つか、2塁打以上を1本打つことで勝利判定となります。

先発投手の登板有無の調整

Bet365では、各チームの予告先発投手の登板有無でベットを無効にするか否かを自分で細かくアレンジすることができます。

例えば、球界No.1投手vs平凡な投手が予定されている一戦で、球界No.1投手の先発をmustに登録することで、仮に怪我や風邪等で球界No.1投手が先発回避したとしても、ベットは無効となるため安心して事前ベットすることが可能です。

先発投手の登板有無の調整方法

  1. Pitcher Action をクリック
  2. 希望の形式を選択
    • Listed pitchers must start = 両チームの予告先発の登板が必須
    • Julio Urias must start = Awayチームの予告先発の登板が必須
    • Sandy Alcantara must start = Homeチームの予告先発の登板が必須
    • Action = 予告先発の登板の有無に限らずベットは有効

アキュームレートボーナス

マネーラインをマルチベットする際に最大70%のボーナスが付与されます。

他ブックメーカーと比較すると、ペイアウト率に難点のあるbet365ですが、マルチベットであればそのデメリットを補うことが可能となります。 

スポーツベットアイオー(Sportsbet io)

プレイヤープロップス

1つボーダーに対してover/underを賭け対象にしたマーケットの他にも、各選手の各スタッツに対して多くのボーダーラインを設定しており、高オッズを狙ったベットも可能です。

例えば、画像のようにデグロームの奪三振数は9~11個が妥当な範囲であることがオッズからもわかりますが、本マーケットでは12~15奪三振までベット可能となっています。

15奪三振のオッズは10倍を超えており、もしも奪三振数が多くなると見込んでいた時には高オッズを狙うことができます。

1球ごとのライブベット

1球ごとのライブベットは、かなり珍しいマーケットとなります。

1球ごとにストライク/ボール/出塁/ホームランの項目にベットでき、面白いマーケットになります。

1球ごとの予想は難しいですが、現在の打者は三振するかYes/Noというマーケットもあり、三振率の高い打者vs奪三振率の高い投手のケースでもYesに3倍以上付いていることが多く、事前に情報収集することで高オッズを掴むことのできる可能性が高くなります。

ヒット数

本来ならスタジアムや気候でヒット数のボーダーが上下するのですが、sportsbet ioのみボーダーが別基準で決まる傾向があります。

例えば、他ブックメーカーでは高地でヒットの出やすいクアーズ・フィールドでは、ヒットボーダーが2~3本多くなるのに対して、sportsbet ioでは球場の特徴が加味されない傾向にあります。

その他にも強風のリグレー・フィールドのヒットボーダーも他ブックメーカーとボーダーの乖離が見られるため狙い目です。

マラソンベット(Marathonbet)

ホームラン

チームのホームランマーケットが充実しています。

ホームランの多いチームや各チームのホームラン数にベットできます。

ただ、MAXベット額が低く、大きくベットできないのがデメリットです。

ブックメーカーでのMLB(メジャーリーグ)の賭け方・ルール

ベットの種類

各日に実施される試合、直接対決3試合の勝ち越しチームを予想するミニシリーズ(bet365のみ)、シーズンを通したアウトライト、がマーケットとして提供されています。

公式戦

4月初旬から5ヵ月間に渡って、162試合を戦い順位が決定します。

全チーム合わせると、年間合計1200試合以上ある巨大マーケットとなります。

その中から主なベット方式について紹介します。

マネーライン

勝敗を予想するマーケットとなります。

MLBの場合、日本プロ野球と違い引分けが存在しないので必ず決着がつきます

主にマネーライン系のマーケットは、下記のようなものがあります。

マネーライン(1試合を通した結果)

最もメジャーなマーケットで試合を通した勝敗を予想します。

1~5回マネーライン

先発投手の影響が最も出るマーケットです。

複数人が継投する1試合を通したマネーラインよりも予想がしやすいです。

ハンディキャップ

プラスハンデまたはマイナスハンデを加えてベットができます。

1点差が多い野球の試合の特性上、ハンデを1点加える度にオッズも大きく上昇します。

総得点over/under

試合を通した得点数を予想します。

マネーラインと同様に、主に以下の2種類のマーケットがよく利用されています。

総得点(1試合を通した結果)

延長は勝敗が決するまで続くので、得点オーバーにベットする際は2.5/4.5/6.5/8.5のように、over偶数.5がおすすめです。

逆に、アンダーにベットする際はunder奇数.5とすることで延長に突入しても勝利する可能性を残すことが可能です。

1~5回総得点

先発投手の影響が最も出るマーケットです。

好投手同士の投げ合いはunder、5~6番手同士の投げ合いはoverでベットするのが一般的には有効です。

プレイヤープロップス

全てのブックメーカーで本マーケットが存在するわけではないのですが、各試合の投手成績/野手成績にベットできます。

投手プレイヤープロップス

奪三振数/投球回数/被安打数/自責点数にベットすることができます。

監督の事前コメントなどを参考に投手の降板回数を予測するなどオススメです。

野手プレイヤープロップス

塁打数/単打/二塁打数/三塁打数/ホームラン数/盗塁数にベットすることができます。

塁打数はボーダーが各選手で設定されるので1.8~2.2倍あたりに落ち着くものの、長打数は3倍以上の高オッズとなるのでリターンは大きいです。

大谷選手が調子が良く、頻繁にホームランを打っていた時期は毎日のように3~4倍程度の高オッズを提供していました。

アウトライト

ミニシリーズ(野球は同チームと3~4試合続けて実施するので、トータルでの勝敗を予想する)や年間通した成績を予想するマーケットとなります。

年間を通したマーケットは、各ディビジョンの優勝チームや各賞レースのマーケットまで幅広くあります

賞レース

リーグMVP/サイヤング賞/新人王が主なマーケットになります。

例年であれば、開幕前~シーズン序盤にマーケットが開いています

50倍以上の選手が賞を受賞することがよくあり、開幕前に数人にベットすることで特定の選手を応援するキッカケ作りになり、シーズンをより楽しむための手助けになると思います。

また、シーズン最終戦直前までマーケットが開いているため、各選手のスタッツを比較することで受賞者を予想するのも1つのベット方法としてオススメです。

MLB(メジャーリーグ)のデータ分析サイト

baseball savant

URL:https://baseballsavant.mlb.com/

スタットキャストと呼ばれる打球速度や投手の各球種のスピン数などの莫大なデータを無料で提供してくれるサイトになります。

各試合における、先発投手vs打者陣の対戦成績を打球速度から計算された指標に落とし込むことで、潜在的に得点が入りやすいかどうか判断する助けになってくれます。

本サイト内でも以下の2項目は試合を予想する上で非常に役に立ちます。

Probable Pitchers

各試合の先発投手vs打者陣をこれまでの対戦成績から指標を提示してくれています。

このデータを用いれば、ある程度の相性がわかるので防御率が良好な投手であっても、相性が悪いことからその日はベットを敬遠することができます。

色付けされていることからわかるように、この表ではxwOBA(Expected Weighted On-Base Average)が最重要視されています。

xwOBAは、かなり大まかに言うと各対戦成績(打球速度/角度)から予想される得点期待値のようなものであり、約.300を基準にして低ければ失点は少ない、高ければ失点は多いという風に分類することが可能です。

例えば、防御率は1点台であってもxwOBAが.400以上であれば気を付ける必要があるなど、予想する上でよりリスクを避けることができるようになります。

Daily Matchups

Probable Pitchersは先発投手vsチーム全体の打者でしたが、Daily Matchupsは先発投手vs各打者の指標が確認できます。

このデータの使い道はプレイヤープロップスに適用できると思います。

シーズン成績はそこまで良好ではないものの、ある先発投手とは相性が良くて打率が.500以上記録している等のケースはよくあります。

その場合でも、ボーダーを設定する際はシーズンの成績を参考にするので、塁打数はover/under 0.5の場合であれば、ヒットを1本でも打てば勝ちになります。

打率が.500の相手と2~3打席戦えるということは、確率的にヒットが1本出る確率が高くなるということであり、ベットの的中率を大幅上げる助けになるデータと思います。

Park Factor

MLBは日本プロ野球とは異なり、各チームの球場に特徴があります。

レッドソックスのレフトにそびえ立つグリーンモンスターや標高1mile(1,600m)に位置するクアーズ・フィールド等々、各チーム特色のある球場を持っています。

なので、MLBを予想する上でパークファクター(球場ごとの指標)は欠かすことのできない要素の1つとなっています。

画像のLeaderboads→Statcast Park Factorsから各球場の特色を確認できます。

パークファクター大きくなるほど、得点が多く入る傾向となり、低いほど得点が入りにくい傾向となります。

この記事を書いた人

ニッチ屋さん @nicchiya16

ニッチ屋さんの自己紹介

有名なスポーツからマイナーなスポーツまで幅広くカバーしながらベットしています。

2012年からブックメーカーを始めて、いろいろな経験をTwitterを中心に共有しています。

趣味はデータ分析で、主に野球を中心に解析・共有しています。

メジャーリーグ(MLB)の中継視聴方法

当サイト『ザ・ブックメーカーズ』では、MLB(メジャーリーグ)や、様々なスポーツ競技を中心に、ブックメーカー試合予想が開催されています。
賞金総額は毎月60万円、どなたも無料で参加可能!スポーツファンの皆さんのご参加をお待ちしています!

関連ニュース・ブログ

【トラブル解決】ブックメーカーに関するご相談は掲示板まで!

掲示板を見る

参考にしよう!現役ベッターがブックメーカー予想を毎日公開中

\SNSで最新情報&こぼれ話をお届け中!/

Tweets by thebookmakersjp

スポーツベットアイオー登録特典¥5,000円分ビットコイン【ボーナスコード不要!】



今ならもれなく!ザブックからスポーツベットアイオーに登録&5,000円入金した方全員5,000円分ビットコインプレゼント中!
登録&入金ボーナス詳細はこちら

人気No.1のブックメーカーでスポーツベットデビューしてみませんか?

情報提供