冨安健洋とアーセナルについて徹底解説!移籍の詳細や海外の反応も紹介

2021年9月11日 2021年9月12日 159

イングランドの名門・アーセナルへの移籍が決まり、日本だけでなく、世界中から注目を集めているのが冨安健洋です。

冨安健洋は日本代表の主力として活躍しているのはもちろん、イタリアのセリエA・ボローニャでもレギュラーとして経験を積んだことで、憧れのプレミアリーグへの挑戦権を手にすることができました。

この記事では、冨安健洋がアーセナルに移籍するまでの背景を徹底解説し、海外の反応やプレースタイルについても詳しく確認していきます。

また、記事後半ではアーセナルの歴史や所属選手を紹介するので、気になる方は是非最後まで記事をご覧ください。

冨安健洋・アーセナルの試合の無料視聴方法

プレミアリーグのアーセナル移籍が決まった冨安健洋が、日本時間9/11(土) 23時キックオフのノリッジ戦に右サイドバックでスタメン出場を果たしました!
前半にはスピーディーな攻撃参加から惜しいシュートを放つ場面もあり、現地でも各紙好評価の様子です。

今後の期待が更に高まる冨安選手、そしてアーセナルの試合は、このデビュー戦がブックメーカーの「カジ旅」で無料のライブストリーミング配信が実施されました!

カジ旅のサイトでは、日々世界中の主要サッカーリーグの放送がされており、プレミアリーグも充実のライブ配信状況。上記と同日開催の、クリスティアーノ・ロナウドが移籍し出場したマンチェスターユナイテッド戦までもライブ配信されていました。

今後の冨安出場のアーセナル戦も、カジ旅で無料のライブ配信が継続される可能性が高いため、是非登録をおすすめします。

なお、当サイト「ザ・ブックメーカーズ」限定で、カジ旅の入金不要ボーナス20ドルを進呈中です。
当サイトを通じてアカウント登録をした後に、20ドルが入金されるので、このアーセナル戦を含め、海外サッカーをすぐに無料でライブ配信の視聴が可能です!

詳細は下記のカジ旅の解説ページをご確認下さい。

カジ旅(カジタビ)
サイト・サポート共に日本語


オッズが高い
UCL、プレミアリーグ、Jリーグ視聴可能!
3Dセキュアクレカ入金可
入金不要ボーナス20㌦!
日本語サポートの質が高く安心してプレイできる
× 対応通貨ドルのみ

冨安健洋のアーセナルへの移籍が決定!ボローニャでの評価や移籍背景を解説

冨安健洋はイタリアのボローニャで着実に評価を高め、アーセナルへステップアップの移籍を実現させています。

しかし、アーセナルへの移籍が決まるまでは、トッテナムやユヴェントスなど他チームへの移籍の噂が絶えませんでした。

冨安健洋のボローニャでの活躍や移籍の噂、アーセナルでの冨安健洋の背番号や年俸、移籍金について確認していきます。

冨安健洋のボローニャでの活躍について解説

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

冨安健洋/Takehiro Tomiyasu(@tomiyasu.t)がシェアした投稿

冨安健洋は、2019年7月にベルギーのシント=トロイデンVVからボローニャへ完全移籍を果たしました。

加入当初はセンターバックとして起用される可能性が高いと言われてましたが、実際は右サイトバックとして起用され、大活躍。

スピードのある持ち上がりと高い戦術理解力もあり、リーグ戦では29試合に出場しました。

2年目のシーズンもレギュラーとして活躍を続け、冨安健洋はイタリアで高い評価を受けることになります。

特にイタリアで冨安健洋が評価されていたのは、対人の守備力です。

冨安健洋はボール奪取やインターセプトの技術が非常に優れており、いずれの数字もセリエAの選手の平均を大きく上回っています。

フィジカルも強く、その実力はプレミアリーグでも遺憾なく発揮されることでしょう。

トッテナムやユヴェントスに移籍する可能性もあった?過去の移籍の噂について解説

ボローニャでの活躍が評価された冨安健洋は、イタリアでの1年目のシーズン終了時から、移籍の噂が絶えませんでした。

イタリア国内では、ユヴェントスが獲得に動く可能性があるという報道も出ましたが、特に獲得に力を入れていたのが、ACミランとアタランタです。

両チームともチャンピオンズリーグに出場する程の強豪チームであり、冨安健洋がイタリア国内でどれだけ注目されていたのか分かりますよね。

また、冨安健洋の獲得に動いていたのはセリエAのチームだけではありません。

プレミアリーグのトッテナムは1年以上、冨安健洋の獲得に興味を持っていたことが判明しており、アーセナルへの移籍が決まる直前までは冨安健洋はトッテナムに移籍すると予想していた人が多かったです。

冨安健洋のアーセナルへの移籍が決定!移籍裏では何があった?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

冨安健洋/Takehiro Tomiyasu(@tomiyasu.t)がシェアした投稿

冨安健洋の移籍話が一気に進捗を見せたのは、2021年の8月です。

ボローニャは、アタランタ、トッテナムとは長い間交渉をしていたようですが、条件面で合意に至らず、交渉は移籍期限の最終日まで続きました。

冨安健洋の夏の移籍はないという声も挙がる中、最終的に好条件を提示し、獲得を決めたのがアーセナルです。

アーセナルも冨安健洋に対して長い間関心を持っていたようですが、こちらも条件面で合意には至っていませんでした。

そこで、移籍金の2000万ユーロに、出来高として300万ユーロを加えることで、交渉を一気に進めボローニャとの合意に至ったようです。

冨安健洋は長年プレミアリーグでプレーしたいという願望を持っていたこともあり、本人にとってもアーセナル移籍は喜ばしい結果と言えるのではないでしょうか?

冨安健洋の背番号・移籍金・年俸・市場価値を紹介

背番号 移籍金 年俸 市場価値
18 2000万ユーロ+出来高300万ユーロ 250万ユーロ 2000万ユーロ

冨安健洋の移籍金に関しては、本人が決めた目標を達成することで、ボローニャへ追加で300万ユーロの移籍金を支払うという契約となっています。

冨安健洋の市場価値は2000万ユーロと見られており、この移籍金は妥当な金額と言えるでしょう。

また、年俸については、ボローニャ時代から3倍の金額になりました

ステップアップ移籍という点を考えると当然の結果とも言えますが、この点からも、プレミアリーグの財力はセリエAを遥かに上回っていることが分かるのではないでしょうか。

冨安健洋への海外の反応や評価のまとめ

冨安健洋は日本だけでなく、海外のメディアからの評価が高い選手です。

ここでは、ボローニャファンとアーセナルファンの冨安健洋への反応について詳しく確認していきます。

冨安健洋へのボローニャファンの反応

上記は冨安健洋の移籍が決まった際のボローニャ公式Twitterへの返信ツイートですが、これまでありがとうという意見や彼は素晴らしいプレイヤーだったという反応がありました。

冨安健洋の移籍が決まる前までもファンの人気は高い選手だったので、この反応は当然と言えるのではないでしょうか?

ボローニャファンからの感謝や賞賛の反応が多い一方で、2つ目のツイートのように代役は見つかるといった内容の返信も見られました。

ボローニャはセリエAの中でもビッグクラブとは言えず、どちらかと言うと安く若い選手を獲得し、高く売りたいという意図があります

その点を踏まえると、冨安健洋の売却は最適なタイミングだったと考える方も多いことが分かりますよね。

ボローニャファンの反応を確認すると、冨安健洋の移籍は大きな抵抗なく受け入れられたと考えるのが適当だと言えます。

冨安健洋へのアーセナルファンの反応

アーセナルファンの反応としては、ポジティブなものとネガティブなものの両方が見られました。

ポジティブな反応としては、上記のツイートのように、冨安健洋のアーセナル加入を歓迎しているものが多く、優秀な若手がそろった今シーズンは楽しみにしているファンもいるようです。

一方で、冨安健洋の獲得に関して、懐疑的な目を持っている方も中には見受けられました。

上記のツイートは、冨安健洋の獲得は日本市場を視野に入れただけと述べており、アーセナルが将来有望と言われる選手ばかりにお金を費やしていることにも苛立ちを感じていることが分かります。

アーセナルは2021年9月時点で危機的な状況を迎えており、冨安健洋が早くチームに馴染めなければ、批判の的にされる可能性も十分に考えられそうです。

現状のアーセナルファンの反応からは、期待と不安が入り混じっている様子が伺えますが、ファンから賞賛される活躍をすることを期待したいですよね。

冨安健洋のプロフィールとプレースタイル

今や日本を代表するディフェンダーにまで成長した冨安健洋ですが、これまでどのようなサッカー人生を歩んできたのでしょうか?

冨安健洋のプロフィールやそれぞれの世代でのプレスタイルについて紹介していきます。

冨安健洋のプロフィールを紹介!スピードは日本市場最速クラス?

生年月日 身長 体重 ポジション 利き足
1998年11月5日 188cm 82kg DF 右足

冨安健洋は、身長188cm、体重84kgという恵まれた体格を活かして、学生時代から活躍を続けてきました。

今では、驚異的な対人守備の強さが持ち味の1つとなっていますが、冨安健洋の能力で特に注目したいのが、スピードです。

冨安健洋が小学校時代に所属していた三筑キッカーズの総監督は「ドリブルさせたら、恐らく、福岡で彼に追いつける足の子供はいなかった。」と述べており、幼い頃から尋常ではないスピードを持っていたことが分かります。

現在ではクリスティアーノ・ロナウドにも追いつくほどのスピードを披露しており、冨安健洋を支える大きな武器であることは間違いないでしょう。

冨安健洋のプレースタイル『高校時代~アビスパ福岡時代』

冨安健洋は、中学時代からアビスパ福岡のユースチームに所属しており、高校2年生で公式戦デビューを飾っています。

さらに、高校卒業を待たずにトップチームにも昇格し、プロのキャリアをスタートさせていますが、デビュー当初のポジションはディフェンスではなく、ボランチでした。

日本に在籍していた当時のプレースタイルに関しては、現在と大きく変化はなく、ボール奪取能力に優れた選手であったと言えます。

また、ゴール前でも非常に落ち着いたプレーを披露しており、Jリーグでも屈指の守備力を誇るセンターバックであったと言っても過言ではありません。

冨安健洋のプレースタイル『シント=トロイデンVV時代~ボローニャ時代』

冨安健洋は海外に挑戦したいという思いが強く、2018年1月にアビスパ福岡からベルギーのシント=トロイデンVVへ移籍を果たします。

1年目から、持ち前の対人の強さを遺憾なく発揮し、クラブサポーターが選ぶ年間最優秀選手にも選出されました。

その翌年にはイタリアセリエAのボローニャへも移籍を果たし、ここでもレギュラーとして2シーズン活躍を見せています。

ヨーロッパでの冨安健洋のプレースタイルは判断能力に磨きがかかっており、より危機察知能力の高いディフェンダーになったと言えるのではないでしょうか?

冨安健洋のプレースタイル『日本代表』

冨安健洋は2018年から日本代表でもセンターバックのレギュラーを勤めており、吉田麻也とともに最終ラインから日本を支えています。

日本代表の中では守備面で中心選手となっているのはもちろん、攻撃の際もセットプレーで積極的にゴールを狙う姿勢が見られる点が特徴です。

また、2021年7月から開催された東京オリンピックでも、主力のセンターバックとして試合に出場し、チームをベスト4に導きました。

冨安健洋は、今後長年日本代表の最終ラインのレギュラーとして君臨する可能性が高く、将来的にはキャプテンを務める可能性もありそうです。

冨安健洋が移籍したアーセナルはどんなチーム?歴史や近年の成績を紹介

ここからは、冨安健洋が移籍したアーセナルについて解説していきます。

アーセナルはプレミアリーグのビッグ6の1つに数えられるほどの強豪チームで、かつては史上初の無敗優勝も成し遂げました。

近年の成績と併せて確認していきましょう。

アーセナルはプレミアリーグの名門!2003年には無敗優勝を達成

アーセナルはこれまで、13回のプレミアリーグ優勝を誇る名門で、多くのサッカー選手の憧れのチームでした。

特に1996年にアーセン・ヴェンゲルが監督に就任してからのアーセナルは黄金時代を迎えることになります。

ヴェンゲルは当時のプレミアリーグでは珍しかった、素早くショートパスをつないでいくポゼッションスタイルを採用し、アンリやセスク、エジルといった世代を代表する選手たちとともに常に上位争いを演じました

中でも圧巻だったのが、2003-04シーズンの無敗優勝です。

アンリやベルカンプといったタレントを前線にそろえたアーセナルは、「インビンシブル」と呼ばれ、結果と内容の両方で見る人を圧倒しました。

現在でも無敗優勝を果たしたチームはこの年のアーセナルだけとなっており、当時のアーセナルの強さが際立っていた分かりますよね。

ヴェンゲル監督退任後は低迷?近年のアーセナルの成績を紹介

2018年にヴェンゲルが退任してから現在までのアーセナルは、長い低迷期を迎えています。

かつては、アーセナルがチャンピオンズリーグ争いから外れることはありませんでしたが、直近の2シーズンはプレミアリーグで8位となってしまいました。

2021-22シーズンに関しても、開幕から連敗をしており、アルテタ監督の解任の噂も広がっています。

才能のある選手は数多く在籍しているだけに、2021-22シーズンは浮上のきっかけを掴むシーズンにしたいところです。

2021-22シーズンのアーセナルの選手について解説

2021-22シーズンのアーセナルは冨安健洋以外にも多くの有望な若手選手がチームに加わっており、加入選手の活躍次第では上位進出も期待できます。

2021-22シーズンのアーセナルの選手やフォーメーション、移籍選手について確認していきましょう。

2021-22シーズンのアーセナルの選手一覧

選手名 背番号 ポジション 年齢 身長/体重 国籍
ミケル・アルテタ 監督   177/69 スペイン
ベルント・レノ 1 GK 29 190/83 ドイツ
アーロン・ラムスデール 32 GK 23 188/77 イングランド
アーサー・オコンクウォ 33 GK イングランド
カール・ヤコブ・ハイン 49 GK 193/86 エストニア
キーラン・ティアニー 3 DF 24 178/70 スコットランド
ベン・ホワイト 4 DF 23 182/79 イングランド
ガブリエウ・マガリャンイス 6 DF 23 190/86 ブラジル
ロブ・ホールディング 16 DF 25 189/75 イングランド
セドリック・ソアレス 17 DF 30 172/67 ポルトガル
冨安健洋 18 DF 22 188/82 日本
ヌーノ・タヴァレス 20 DF 21 184/75 ポルトガル
カムラ・チェンバース 21 DF 26 182/66 イングランド
パブロ・マリ 22 DF 28 193/87 スペイン
セアド・コラシナツ 31 DF 28 183/85 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
トーマス 5 MF 28 185/77 ガーナ
マルティン・ウーデゴール 8 MF 22 178/68 ノルウェー
エミール・スミス・ロウ 10 MF 21 182/79 イングランド
エインズリー・メイトランド・ナイルズ 15 MF 24 177/71 イングランド
サンビ・ロコンガ 23 MF 21 173/67 ベルギー
モハメド・エルネニー 25 DF 29 180/70 エジプト
グラニト・ジャカ 34 MF 28 185/80 スイス
ブヨカ・サカ 7 FW 20 178/65 イングランド
アレクサンドル・ラカゼット 9 FW 30 175/73 フランス
ピエール=エリック・オーバメヤン 14 FW 32 187/80 ガボン
ニコラス・ペペ 19 FW 26 183/73 コートジボワール
フォラリン・バロガン 26 FW 20 178/66 イングランド
エドワード・ヌケティア 30 FW 22 175/73 イングランド
ガブリエウ・マルティネリ 35 FW 20 180/69 ブラジル

2021-22シーズンのアーセナルのフォーメーション

スタメン・予想フォーメーション 4-2-3-1
【GK】
1 ベルント・レノ
【DF】
3 キーラン・ティアニー
6 ガブリエウ・マガリャンイス
4 ベン・ホワイト
18 冨安健洋
【MF】
34 グラニト・ジャカ
23 アルベール・ザンビ・ロコンガ
7 ブヨカ・サカ
8 マルティン・ウーデゴール
10 エミール・スミス・ロウ
【FW】
14 ピエール=エリック・オーバメヤン

アーセナルの基本フォーメーションは4-2-3-1となっており、基本的には自分たちでボールを握るポゼッションスタイルを採用することが予想されます。

予想フォーメーションの中で注目したいのが、前線の4選手。

ユーロ2020大会で注目を浴びたサコや将来有望なスミス・ロウ、新加入のウーデゴールは能力が高く、ここにプレミアリーグ得点王に輝いた経験を持つオーバメヤンが関わる攻撃陣はかなり豪華と言えるのではないでしょうか?

ディフェンスに関して、センターバックはサイドバックと比較すると選手層が厚くなっているため、冨安健洋は右サイドバックのレギュラーとして起用される可能性が高いです。

2021-22シーズンのアーセナルの補強と移籍選手

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Martin Ødegaard(@odegaard.98)がシェアした投稿

アーセナルはシーズンオフに積極的な補強を行い、チーム強化に成功しました。

中でも大金を払って獲得したのが、ベン・ホワイトとウーデゴールの2人です。

ベン・ホワイトは昨シーズンブライトンで主力として活躍し、イングランド代表にも選出されました。

足元の技術に優れ、ビルドアップの局面でも活躍できるベン・ホワイトの存在はアーセナルの戦術の幅を広げる可能性があります。

一方のウーデゴールは昨シーズンレアルマドリードからローンでチームに加入し、アルテタ監督が絶賛した逸材です。

今シーズンは完全移籍を果たしており、攻撃の中心選手となることが期待されます。

アーセナルは若く成長の幅の大きい選手を積極的に獲得した印象が強く、現在だけでなく、未来を見据えた補強を行ったと言えそうです。

冨安健洋のライバルになりそうな選手は?

冨安健洋はセンターバックと右サイドバックでプレーすることができますが、今シーズンは右サイドバックとしてプレーする可能性が高いとされています。

そこで、冨安健洋の一番のライバルとなりそうなのが、カラム・チェンバースです。

チェンバースは攻撃時のオーバーラップが特徴の選手となっており、クロスのボールの精度も高くなっています。

冨安健洋としては、守備面だけでなく、攻撃の面でも存在感を見せていくことがレギュラー定着の重要なカギを握っていると言えるのではないでしょうか?

また、センターバックはベン・ホワイトとガブリエウ・マガリャンイスの2人がレギュラーであり、冨安健洋はロブ・ホールディングやパブロ・マリと3番手を争っていくことになるでしょう。

レギュラーの2人が負傷した際には、冨安健洋がセンターバックとして試合に出場する機会もありそうです。

ブックメーカー・スポーツベッティング勝敗予想

サッカーのブックメーカー最新予想

当サイト『ザ・ブックメーカーズ』では、サッカーはもちろん、数々のスポーツ競技を中心に、ブックメーカー試合予想が繰り広げられています。
最高賞金は毎月30万円、どなたも無料で参加可能!スポーツファンの皆さんのご参加をお待ちしています!

 

おすすめブックメーカーランキング

ここでは、当サイト『ザ・ブックメーカーズ』が紹介する、日本からも合法に安心して遊べる、おすすめブックメーカーランキングを紹介します!

海外サッカーやその他様々なスポーツにベット・予想、無料のライブストリーミング配信視聴を楽しみながら試合観戦してみませんか?

ブックメーカーとは?登録方法・日本での合法性を解説!

1
Sportsbet.io(スポーツベット アイオー)
サイト・サポート共に完全日本語

初心者向け!
登録10秒→即遊べる!
本人確認不要
複数の通貨を利用できる
× 読み込みが遅いことがある
× ライブベットには不向き
2
bet365(ベットサンロクゴ)
サイト・サポート共に完全日本語

取扱い種類、オッズ幅が圧倒的No1
使いやすいサイト設計
LIVE配信No1(5大テニス大会・ブンデス・セリエA等)
× 入出金方法が少ない
3
カジ旅(カジタビ)
サイト・サポート共に日本語


オッズが高い
UCL、プレミアリーグ、Jリーグ視聴可能!
3Dセキュアクレカ入金可
入金不要ボーナス20㌦!
日本語サポートの質が高く安心してプレイできる
× 対応通貨ドルのみ
4
10BET JAPAN(テンベット ジャパン)
サイト・サポート共に完全日本語

入金不要ボーナス1,000円!
入出金方法最多
銀行&VISA/JCB/Masterカードが使える!
× 本人確認に時間がかかる
× マイナー大会の取扱い少なめ
5
Casumo(カスモ)
サイト・サポート共に日本語

入出金方法豊富
年中無休日本語サポート
ザブック限定ボーナスあり
× 出金所要時間長め
6
WilliamHILL(ウィリアムヒル)
サイト・サポート共に日本語

エコペイズ出金で毎週最高€15相当のキャッシュバック有!
RIZINに賭けられる!
× 入出金方法が少ない
7
betway(ベットウェイ)
サイト・サポート共に英語

VISA・マスター入金可
機能性◎のサイト&アプリ
× 日本語非対応
× オッズ種類やや少なめ
8
gambola(ギャンボラ)
サイト・サポート共に完全日本語

常にキャッシュバック機能あり
カード入金OK
× サイト動作がおかしいことがある
9
BONS(ボンズ)
サイト・サポート共に日本語

初心者向け!
入金不要ボーナス¥4000
クレカ入金OK
一部ライブ配信あり
× 引き出し条件3倍
× カード入金に為替手数料かかる
× カジノXアカウント所持者は入金不要ボーナス対象外
10
PINNACLE(ピナクル)
サイト・サポート共に日本語

断トツの高オッズ
マックスベット規制なし
相撲にもベット可
× キャッシュアウトなし
× 低オッズの提供ほぼなし
× 入金額の3倍の出金条件あり

 

 

関連ニュースを見る

ブックメーカー試合予想に投稿する予想師募集中!

予想に投稿して賞金ゲット

サッカー野球バスケテニス競馬など、ブックメーカーにあるほぼ全てのオッズが対象です。

利益+10以上出せば賞金確定!最高賞金はなんと30万円!!
誰でも投稿OK!参加料、登録料など一切なし!

ノーリスクで賞金獲得のチャンスのあるザブック試合予想に投稿してみませんか?
情報提供