ボクシングでおすすめブックメーカーから必勝攻略法まで総まとめ!

2022年2月1日 2022年2月1日 201

井上尚弥選手や、村田諒太選手など、日本人の活躍もよく聞かれる『ボクシング』は、世界的に、そして、ブックメーカー的に見ても古くから大人気の競技です。

このページでは、サッカーや競馬などとはまた違った興奮を味わえるボクシングのベッティングのやり方

さらに、結果予想に是非ともお役立ていただきたい、ブックメーカーを利用した予想攻略法や、情報サイトなどをご紹介いたします!

ブックメーカーで賭けられるボクシングの試合の種類

まずは、ブックメーカーで楽しむことのできるボクシングの試合の種類をご紹介していきましょう。

ブックメーカーで主にベット対象となるボクシングの試合は……

主にこの3種類となります。また、ベット対象となる『階級』に関しても、ブックメーカー側は不問です。

ボクシングの場合、決まったシーズンやリーグがある訳ではなく、両者の協議やスポンサーからのオファーのタイミングなどによって、開催される時期が不定期なのも特徴。

ですが、ボクシングは全世界に熱狂的なファンがいる競技ということもあり、大注目の1戦などが開催される際はどのブックメーカーもこぞってオッズを発表する傾向にあります。

昨今では、ブックメーカーのオッズも、ベットするしないに限らず、ボクシングを楽しむ一つの要素として受け入れられつつあり、ボクシングの試合をよりエキサイティングにする一つのスパイスとなっています。

ボクシングの『主要4団体』の名前、知ってますか?

世間的にも、ブックメーカー的にも大注目となるのが「主要4団体の世界タイトル」。

WBAやWBCといったワードは、ボクシングを知らない方でも聞いたことあるかもしれませんが、これらは「団体名」を表しています。

  • WBA(World Boxing Association/世界ボクシング協会)
  • WBC(World Boxing Council/世界ボクシング協議会)
  • IBF(International Boxing Federation/国際ボクシング評議会)
  • WBO(World Boxing Organization/世界ボクシング機構)

以上が、ボクシングにおける主要4団体。

実は元々同じ団体であったりもするのですが、それぞれの思想や考え方、あり方を尊重し合うために、今のような形となりました。


ちなみに日本のプロ団体は、JBC(Japan Boxing Commission/日本ボクシングコミッション)という名称となっています。

ボクシングにオススメのブックメーカー3選

ブックメーカーで楽しむを楽しむのなら、非常に重要なのはブックメーカー選び!

ここでは、ザ・ブックがボクシングを楽しむ上でオススメしたい『3つのブックメーカーサイト』の簡単な特徴や、メリット・デメリットをご紹介させていただきます。

また、オススメブックメーカーについてさらに詳しく紹介しているページへのリンクも用意しておきますので、気になるブックメーカーはそちらのリンク先も是非参照してください!

どのブックメーカーも、ザ・ブックメーカーズから登録することでボーナス特典が受けられますよ!

ウィリアムヒル(William HILL)

ブックメーカーという言葉を世に知れ渡らせる大きな要因となったブックメーカー、ウィリアムヒル(William HILL)

スポーツベッティングの種類ならばブックメーカー随一を誇っていますが、もちろん、ボクシングも人気ベッティングコンテンツのひとつとなっています。

世界の一大タイトルから、日本のプロボクシングの試合まで世界各国さまざまなボクシングの試合を網羅。また、ボクシングの試合のラインナップを階級別にまとめており、お目当ての試合が探しやすくなっています。

長く運営されており、安全面、ベットの豊富さなどから見ても非常に優秀なブックメーカーなのですが、最大の欠点は「クレジットカード入金がマスターカードにのみ対応している」と言う点。日本人にとってなじみの深いJCBやVISAは、入金に利用が出来ません。

ピナクル(Pinnacle)

多くのブックメーカーの基本的なスタンスは「あくまでその競技をよりエキサイティングに楽しむために、賭けの場を提供する」というものなのですが、このピナクル(Pinnacle)は「ギャンブルとしてのスポーツベッティング」を強く押し出しているブックメーカーです。

もともとはサッカーやeスポーツベッティングが盛んなブックメーカーですが、ボクシングも完備。

ベット上限が高く、オッズも比較的良いブックメーカーですので、さらにもう一段上の興奮を味わいたい方向けのブックメーカーといえるでしょう。

特に、ボクシングの場合、実力差が大きいとオッズも低くなりがちですので、ベット上限の高さはかなり重要になってきます

反面、ウィリアムヒルなどに比較すると、ベット可能なマッチングはそこまで多くはなく「ビッグタイトルなどの際にはピナクルでも楽しむ」といった利用方法が良いかもしれません。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

暗号通貨(仮想通貨)を利用したブックメーカーの先駆けともいえる存在のスポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

本人確認が原則不要」「登録は1分もかからない」など、プレイ開始までの敷居が非常に低く、ブックメーカーを試してみたい超ライトユーザーの方にもオススメの1サイトです。

ウィリアムヒルにも負けずとも劣らないマッチングの取扱数を誇り、銀行を利用した入出金方法であるSUMOPAYは、最低額(入金5000円/出金10000円)と、やや高額なものの、入出金ともに非常に反映が早く、安定しているのもポイントです。

ただし「クレジットカードによる直接入金が行えない(暗号通貨(仮想通貨)を購入する事による間接的な入金は可能)」点が、デメリットとして考えられます。

ブックメーカーでのボクシングの賭け方・ルール

ここからは、実際に『スポーツベットアイオー』を使って、ブックメーカーで今後開催されるボクシングの試合に事前ベットする方法や流れについてご紹介いたします。

まずはTOP画面より『ボクシング』を選択します。

現段階でベット可能なマッチングの一覧が表示されますので、お目当ての1戦を探しましょう。

今回は「開始前の試合」から「キース・サーマンVSマリオ・バリオス」を選んでみました。

ちなみに今回のマッチングは、元WBC世界ウェルター級&WBAスーパー王者のキース・サーマンと、元WBA世界スーパーライト級王者マリオ・バリオスとの1戦。

両名とも20勝以上を挙げている実績者であり、しかも両名とも敗北を喫してからの復帰戦ということもあり、大注目の1戦です。

タイトルマッチではなくとも、こういった世間的にも関心の高いビッグマッチもベット対象になるという、良い例ですね!

目当ての試合を選択したら、ベッティングを行いたいオッズの種類を選択します。

今回はシンプルに「キース・サーマン選手の勝利」にベットを行ってみましょう。

ベットの内容をもう一度確認し、ベットしたい金額を入力。『賭ける』を選択します。

これでベットは完了です!

キャッシュアウトの方法

ベットする選手を変えたい場合や、そもそもその試合のベットをキャンセルしたい場合、ブックメーカーでは、ブックメーカー側が定めるタイミングまでであれば投票取り消しや、ドロップアウトに該当する『キャッシュアウト』を行うことが可能です。

実際に先ほどベッティングを行った試合のキャッシュアウトをしてみましょう。

TOPページ右上から進行中のベットを選択します。

有効な賭け」のページに、先ほどベッティングを行った試合がありました。試合はかなり先ですので、まだキャッシュアウトが可能です。

ですが今回の場合、100円分購入していたにもかかわらず、キャッシュアウトを行うと98円分しか戻ってきません。

キャッシュアウトを行う場合、返還される金額が必ずしもベットを行った金額と同一ではない可能性がありますので注意してください。

金額をしっかり確認し、OKであればキャッシュアウトを行いましょう。

ブックメーカーにおけるボクシングのベット/オッズの種類

ブックメーカーにおけるボクシングは「どちらの選手が勝利するか?」といったシンプルなベットの種類だけにとどまりません。

試合結果をもとに、多種多様な条件のベットを行うことが可能となっていますので、各種類ごとにご紹介していきましょう。

勝敗予想

最もシンプルなのが「どちらの選手が勝利するか?もしくは引き分けになるか?」にベットを行う、勝敗予想です。

ブックメーカーにもよりますが、例えばスポーツベットアイオーの場合『勝者』と『1×2』の2種類にわかれています。

勝者』の場合は単純にどちらの選手が勝利を収めるかを予想するものになりますが『1×2』の場合、どちらかの勝利にくわえ『引き分け』にもベットが可能となります。

勝者とラウンド数

ボクシングのベッティングにおいてかなりエキサイティングなベットの種類といえば、勝者とラウンド数です。

文字通り「どちらの選手がどのラウンドで勝利をするか?」を、的中させるベットとなります。

ベットの種類としては「勝者と勝利ラウンド」を完全に当てる『完全的中』や「勝者と1~3ラウンドのどこかで勝利する」といった『的中ラウンドに範囲が設定されている』といったタイプと「判定で勝利する」が用意されています。

また、勝者とラウンド数まで完全に的中させるベットを『ラウンドベッティング』。

勝者と、ブックメーカー側が定めた特定のラウンド数を的中させるベットを『グループラウンドベッティング』と、呼称することもあります。

予想の難易度は通常の勝敗予想と比較すると非常に困難ですが、その分、ベーシックな勝敗予想よりも格段にオッズ面のうまみも増します。

勝ち方

ボクシングは単純な勝敗だけでなく、その『勝ち方』にも注目が集まりますが、ブックメーカーでも当然注目の的になりますし、ベットの対象にもなります。

このベットの場合、基本的に「ノックアウト(KO)で勝利する」「判定で勝利する」「ドローになる」の3種類に分類されます。

また、フルでラウンドを戦い抜いた結果、KOなどで勝敗が決まるのではなく、ポイントで勝敗が決定するかどうか自体の予想するベットのことを『ファイト・トゥー・ゴー・ザ・ディスタンス』と呼称する場合もあります。

ラウンド合計数

ボクシングのベット種類の中でも、なかなか面白いベットが「その試合のラウンド合計数がとある数字を上回るか、下回るか」というものです。

例えば「トータルラウンド数6.5」と指定されている場合、その試合がラウンド数が6ラウンド以下で勝敗が決するか、7ラウンド以上にもつれこむかを予想することとなります。

ブックメーカーにおけるボクシングの必勝法・勝ち方

この項目では、ブックメーカーでボクシングを楽しむ際、少しでも勝率を上げるための勝ち方や考え方、プレイスタイルなどをご紹介いたします!

事前ベットとライブベットを巧く活用する

ブックメーカーで楽しむことのできる競技の多くは、大体が試合前にあらかじめ予想してベッティングが行える「事前ベット」と、実際にそのベット対象となる試合が開催されている際にリアルタイムでベッティングを行う「ライブベッティング」の2種類が存在しますが、ボクシングにおいてはこの2つを使いこなすことが重要です。

比較的オッズの高い事前ベットに関しては、実績やこれまでの実力差、その試合に至るまでの臨戦過程などを考えながら、試合結果を予想するのがベーシックかと思います。

ただ、実力が拮抗している選手同士の試合の結果を事前に予想するのはかなり困難です。事前ベットは、選手同士の実力差がかなりある場合などに利用するのがベーシックなストラテジーといえるでしょう。

ライブベッティングの場合は、試合の経過によってオッズが上下し、もちろん有利に試合を運んでいる選手側のオッズは下がってしまいますが、事前ベットと比較すると、試合の内容が見えている分的中の確率は格段に上昇することでしょう。

ベットする試合の内容や、選手同士のレベルによって事前ベットとライブベッティングを使いこなすのが、ボクシングにおいては重要であるといえます。

両選手の特徴をしっかり把握する

ボクシングに詳しい方ならおわかりのことかと思いますが、どの選手もみんな一発ノックアウトを狙うファイトスタイルという訳ではありません。選手ごとに特徴や、戦略があります。

例えば「A選手はKOが多いし、B選手はKO勝利が少ない。しかもA選手の方が少し格上だから、きっとA選手がKO勝利するだろう。オッズも高いしKO勝利にベッティングしてみよう」と、考えたとしましょう。

もちろん、A選手が一発KOを決めてくれる可能性もあります。ただ、もしB選手が守備型の選手で、これまで「基本的に判定勝利で実績を積み重ねてきたタイプ」だったとしたらどうでしょう。

また、A選手は確かにKOが多かったのですが、KO率が5ラウンドを超えると極端に下がる「短期決戦は得意だが、長期決戦は苦手なタイプ」だとしたらどうでしょうか?この試合、きっと一筋縄ではいかなそうですよね

両選手のよいところだけでなく、ウィークポイントまでしっかり把握した上でどんな結果になるかを予想するのが、ボクシングのベッティングで勝利を得るために必要不可欠です。

それに、両選手のことを調べた上で観戦するほうが、ボクシング自体もよりエキサイティングに楽しむことが出来ますよ!

実力差がありすぎる時は一発を狙うのもアリ?

ブックメーカーにおけるボクシングは、対戦相手同士のオッズ乖離が非常に産まれやすいベッティングでもあります。

例えば、2021年12月14日に開催された『WBAスーパー・IBF世界バンタム級タイトルマッチ/井上尚弥VSアラン・ディパエン』の1戦では、井上尚弥選手の勝利オッズがウィリアムヒルで『1.03倍』と、実力差があるとはいえ非常に低倍率だったことが話題を呼びました。

こういった場合、井上選手の勝利がほとんど揺るがないとみて井上選手の勝利に大きくベットするのもひとつの手ではありますが『勝利方法』や『グループラウンド』などに目を向けてみるのも、収益を上げるひとつの方法かもしれません!

この試合、結果はというと「井上尚弥選手が8RでTKO勝利」を挙げました。

ここで本試合の各ベッティングの払い戻しオッズを確認してみると……

当該試合のウィリアムヒルでのオッズ一覧

井上尚弥勝利:1.03倍

井上尚弥TKO勝利:1.08倍

井上尚弥グループラウンドベッティング(7-9)勝利:10.00倍

井上尚弥ラウンドベッティング(8)勝利:26.00倍

ご覧いただくとわかるように、グループラウンドベッティングなら『10.00倍』、ラウンドベッティングなら『26.00倍』のオッズとなっていました。

ちなみにこの試合、井上尚弥選手のグループラウンドベッティングのラウンド数が『1~3』の場合『1.61倍』とそこまで高くはなかった。ということも付け加えておきましょう。

相手選手が粘ったこともあり、ラウンドが8までもつれ込んだことでオッズが一気によくなっていることがおわかりいただけますよね。

こういった実力差が大きい試合の場合、やみくもに戦ったとしても勝利の可能性が薄いことは、対戦相手も重々理解しているはずです。

それであれば、少しでもチャンスを見出そうと、長期戦にもつれ込ませたり、カウンター狙いでガードを固めて機をうかがうような戦い方をすれば、格上の選手であったとしても苦戦する可能性はゼロではありません。

先ほどご紹介した「選手の特徴」も加味しつつ、実力差の大きい試合だからこそちょっとオッズの良いベットの種類を狙ってみるというのも、手段のひとつとして考えておきましょう。

ボクシングのブックメーカー勝敗予想・オッズ

ザ・ブックメーカーズでは、ブックメーカーを愛するユーザーの皆様方から、様々な試合の予想を投稿していただいています! 

熟練のベッターさんたちがどの試合を、どんな狙い方で楽しむのかを参考にするのはもちろん、なんと毎月最大30万円の賞金をご用意しておりますので、ぜひあなたのご参加もお待ちしております!

ボクシングのデータ分析サイト

どのスポーツでも同じことではありますが、ボクシングの場合、チームスポーツなどではない訳ですから、本人の状態や調子が悪ければ、それが結果にダイレクトに響くことを考えると、重要なのはやはり『情報収集』です。

そこで、この項目では、スタッフが実際にボクシングのベッティングを行う際や、ボクシングを楽しむ際に参考にしているサイトをいくつかご紹介いたします。

ボクシングアート

サイト:https://ibu4gin.net/box

日本最大手のボクシング情報サイトが、ボクシングアートです。

世界各国のボクシングに関するニュースを速報として配信しているだけでなく、今後の試合予定や、日本人選手を中心としたまとめ記事などが特徴的です。

ニュースや情報だけでなく動画関連の情報も充実しており、WOWOWやDAZNでの放送予定だけでなく、Youtubeにアップロードされているオススメの動画なども掲載されています。

ボクシングJP

サイト:https://boxing.jp/

ボクシング関連のツイートの最新タイムラインや、ボクシング関連について書かれたブログの更新情報を確認することが可能なサイトがボクシングJPです。

サイト自体に掲載されている情報は試合の放送予定のみですが、ビッグマッチが終わった直後などは、Twitterの反応やファンたちのブログの更新でにぎわいます。

Boxing Master

サイト:https://ameblo.jp/stanbox7/

元ボクシングトレーナーの方が運営されているブログBoxing Masterは、世界各国の試合の結果を、短評とともに掲載。

ベットしようと考えている試合に出場する選手のこれまでの試合内容を確認し、参考にするだけでなく、経験者ならではの鋭い着眼点は、ボクシングの観戦をさらに面白くしてくれることでしょう。

帝拳ジム公式サイト

サイト:https://www.teiken.com/

村田諒太選手をはじめ、数々の世界王者を送り出している帝拳ジムの公式サイトには、所属している選手たちの詳しい動向や情報だけでなく、国内、海外ボクシングのニュース情報も掲載されています。

また、サイト内に完備されているリンク集にはボクシングに関連する様々なサイトが網羅されており、予想以外にも、単純にボクシングの情報を集める際にも利用が可能です。

ブックメーカーでボクシングの中継を無料視聴する方法

スポーツベット、特にボクシングは、その熱い戦いをライブで楽しみたいですよね!

日本人選手が出場するタイトルマッチやビッグタイトルは、地上波で放送されることもありますが、基本的に『WOWOW』や『DAZN』といった有料放送に加入しないとなかなか視聴することのできないボクシングですが、ブックメーカーにおいても、ボクシングの試合をライブストリーミングで中継する可能性があります。

例えば、先ほどご紹介した『ウィリアムヒル(William HILL)』の場合、ライブ視聴可能なレースに1ドル以上のベットを行えば、視聴可能となります。

また『カジ旅』や、人気のブックメーカー『ベット365(bet365)』、『ワンバイベット(1xBET)』においては、最低入金こそ必要になりますが、配信対象となっている試合に関しては、無料で試合中継を楽しむことが可能となります。

ブックメーカーでの視聴方法については、以下のページでもまとめてありますので是非ご参考にどうぞ!

シノスキプロフ画像
シノスキ@事務局

ブックメーカーとの出会いは2017年。イギリスで露頭に迷っているところをウィリアムヒルに日本語コンテンツ担当として拾われる。2年後スポーツベットアイオーの職にありつきエストニアに移住。エストニアでサウナにハマって帰国し、現在はブックメーカーズの何でも屋的ポジションで奮闘中。

ブックメーカーのことでお困りですか?あなたはラッキーです。だってブックメーカーズに出会えたんだから。

関連ニュース・ブログ

【トラブル解決】ブックメーカーに関するご相談は掲示板まで!

掲示板を見る

参考にしよう!現役ベッターがブックメーカー予想を毎日公開中

\SNSで最新情報&こぼれ話をお届け中!/

Tweets by thebookmakersjp

\日本一の好条件/5,000円分のビットコインを新規登録者へプレゼント中【スポーツベットアイオー】



【スポーツベットアイオーへの登録がまだの方限定!】
当サイトから登録&入金で今だけ5,000円相当のビットコインをプレゼントします🎁
応募締め切りは5月31日まで!

スポーツベットアイオーに登録して特典が付くのは日本で当サイトだけ!
登録&お申し込み方法は以下のリンクからどうぞ👇
スポーツベットアイオー新規登録&初回入金特典
情報提供